食欲の秋にご先祖様の好物を供えよう!みたらし団子キャンドルが今秋9月に発売

写真拡大

カピカピに乾いていくお供え物を前に、「亡くなったおじいちゃんおばあちゃんが本当に食べてくれたらなあ」と感じたことがある人は一人や二人ではないはず。そんな優しい気持ちに寄り添うキャンドルが、「好物キャンドル」シリーズだ。

好物キャンドルは、仏壇に供えてもカピカピに乾いていくこと、それどころか火を灯すと目の前で蝋ががどんどん減っていき、「まるで本当に食べてくれたみたい」とほっこりした気分になれるのが特徴だ。

その「好物キャンドル」シリーズに新しく加わるのが、みたらし団子キャンドル(税抜き680円)だ。

秋の定番和菓子のみたらし団子キャンドルは、柔らかくモチモチ感が感じられるお団子の上に、とろみのあるしずる感のあるタレがたっぷり。お皿にもあふれているその感じは、とってもリアル。しかも火を灯すと、中から白いお団子が出てくるため、本当にご先祖様が食べてくれているよう。

そんな気持ちがほころぶキャンドルを、お彼岸のこの季節にいかがだろうか。

なお、「教えて!goo」では「お彼岸のおはぎ、『こし餡』『つぶ餡』どっちですか?」という質問と回答を紹介中だ。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)