相模原での死体遺棄事件 法廷で弁護士が笑いだし裁判長が注意

ざっくり言うと

  • 東京地裁は6日、相模原の死体遺棄容疑の被告に懲役1年を言い渡した
  • 裁判長が見解を述べると、泉澤章弁護士は突然噴き出し声を立てて笑った
  • 裁判長がムッとするも、弁護士は「面白いから笑った」と引き下がらなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング