嘘つきは良くないけど…彼についたほうが良い恋のウソ5選(photo by Andrey_Arkusha/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】恋愛上、ウソは絶対だめ…というのは建前上の話です。彼に隠し事は良くないからと何でもオープンにすることだけが平和に恋愛生活を送る術ではないようです。あえてつくことで恋愛に花を添えたり、助けとなったりするウソもあるんです。今回はそんな、恋愛においてついたほうがよいウソをご紹介したいと思います。

【他の記事を見る】男性が本命の女性には絶対にやらないこと5つ

♥「付き合った中であなたが一番」


たくさんお付き合いしていく中で、実は別れてしまったけれど一番愛していた相手がいることは、現在のパートナーには絶対に秘密にしておいがほうがいい事実ですよね。

隠しておくだけでなく「付き合った中であなたが一番」という甘いウソをつくことは、相手にもあなたにも幸せをもたらします。

「絶対にウソでしょ」と言われてもにっこりと微笑んで「ウソだと思うでしょ?でもホント」と言うことで、彼はあなたのことが益々好きになってしまいますよ。

♥「愛してる」


お付き合いしている相手をまだ愛するに至らない場合も、こう口にすることはとっても大事。

口にすることで、もしかするとその気持ちが本当になるかもしれないですよね。

それに言われたほうも絶対に悪い気はしないはず。

それどころか、あなたをもっと愛するようになりますよ。

♥「あなたがいるから毎日が楽しい」


これを思える人は多いですが、一方でいいことも悪いこともある中純粋に100%こう思うのは難しいですよね。

でも、あえてそれを口にすることが大事。

とくに、そう思えていないときこそ口にすることで、その気持ちが本当の気持ちになっていきますよ。

♥「出会った日から好きだった」


一目惚れで恋に落ちることは多いですが、それと恋愛的に好きになることは別。

けれど、男性は交際することはある種のドラマティックな出来事だと思っている人が多いので、出会った日から好きだったと伝えることは、彼の気持ちを今後もがっちり掴む上で大事です。

同じく「この人と付き合うんだろうなって思ってた」というウソも、ばっちり彼の心に響いちゃいますよ。

♥「世界で一番大事」


世界で一番大事な存在は人によっては母親や父親だったりペットだったり、子供がいる場合は我が子だと答えたりしますよね。

もちろん、彼が世界で一番大事だという人もいるだろうと思いますが、そうでない場合も相手に「世界で一番大事」だと伝えることは、相手の気持ちに寄り添う上でもとっても大事です。

それに、世界で一番の存在なんて心の中で決められない場合も多いですしね。

いかがでしたか?

ほとんどがついてはいけないウソに対して、こんな優しくて甘いウソは恋愛におけるエッセンスだと思いませんか?

彼と幸せな関係を続けるためにも、ちょこっとウソをついて、とっても嬉しそうにする彼の笑顔をもらって、幸せを噛みしめてみてもいいかもしれませんね。(modelpress編集部)