【ナイスなボール】握って揉んでストレス発散!? デスクの下に仕込んでおけるイライラ解消グッズを発見したよ

写真拡大

仕事中の溜まりに溜まったストレスのせいで、叫びだしたくなるときってあなたもあるでしょう? 

だけど……自分1人しかいない自宅の部屋の中ならまだしも、さすがにオフィスで絶叫するわけにはいきませんよね。そんなときにきっと役立ってくれそうなのが、この「ナイスボールズ(Niceballs)」!

【なにこの既視感】

ピンク色をした柔らかそうな素材の奥にあるのは、2つのボール。重力によって垂れさがったその姿が、ナニかに見えなくもないけれど……そこはまあ、あまり気にしないでください。

【デスクの下へこっそり装着 →手軽にストレス解消!】

トップに接着するための吸盤が付いているので、あなたのデスクの下へこっそりくっつけておけば、いつでも好きな時に、2つのボールに触れることができます。

ギュッと強く握るもよし、力任せにもみしだくもよし、優しく撫でて手触りに癒されるもよし。こうして気分転換をはかることで、仕事の効率もきっとグンと上がるに違いありません。ええ、きっと。

【目立つところに置かないほうがいいと思うよ】

ちなみに海外サイト「Bored Panda」によれば、「ナイスボールズ」の製作にかかわっているのは、映画『ゼロ・グラビティ』で特殊効果エンジニアを担当したRaul Rodriguez Romeoさんなのだそう。

そんな話を聞くと一気にスケールが増したように感じてしまいますが、見た目はやっぱりアレな感じ。独特すぎる形状ゆえ、うっかり見つかってしまうとギョッとされかねません。でも、机の下の見えない位置にさえ置いておけば、「ナイスボールズ」はいたって控え目な存在です。

公式サイトから問い合わせができるようになっているので、欲しいと思った方はチェックしてみてね。独特な丸みと弾力が、あなたのたまったストレスを開放してくれるかも☆

参照元:Imaginarte、Bored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る