7日、韓国の総合週刊誌「時事IN」の編集局に韓国国旗と旭日旗のデザインを合成したイメージが掲げられていることが判明し、同誌編集局長が釈明する騒ぎとなった。写真は旭日旗。

写真拡大

2016年9月7日、韓国・国民日報などによると、韓国の総合週刊誌「時事IN」の編集局に、韓国国旗と旭日旗のデザインを合成したイメージが掲げられていることが判明し、同誌編集局長が釈明する騒ぎとなった。

事の発端は、韓国記者協会報に6日掲載された記事。韓国で加熱する「女性嫌悪」について報じるメディアを紹介するもので、「時事IN」の近刊の表紙や編集局の様子が写真で紹介された。この編集局の写真の右端、掛け時計の下に、韓国国旗と旭日旗を組み合わせたデザインのものが写り込んでいたのだ。記事がネットで公開された直後からSNSではこれを問題視するコメントが瞬く間に広まり、問題の写真は右側をカットした状態で再掲載された。

騒ぎを受け「時事IN」編集局長はSNSで、問題のものは「355号の表紙用に作成した小道具」であり、355号の特集が「『親日』が引き裂く保守の海」だったと説明、後で使う場合に備え編集局内に保管していたものにすぎないと釈明した。

「時事IN」の公式サイトによると355号は2014年7月5日に発行されている。

これについて、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられた。

「その恐ろしい小道具を2年以上も、職場の誰もが目にする時計の下に貼っておいた理由は?」
「釈明がすべて事実だとして、2年も貼っておいたのか?サムスンの謝罪文を読んで勉強してくれ」
「記者ともあろう人間が保管の意味も知らないのか?」

「光復節(8月15日、日本からの解放記念日)からもう3週間だが、まさかその時も飾っていたのか?。ティファニー(SNSに旭日旗デザインを掲載し批判された韓国のアイドル)事件を見て何も感じなかったと?」
「よく見ると、表紙に使われたものと写真に写っているものは違うみたいだが?」

「『時事IN』を『親日IN』にでも変えたらどうだ」
「日本の巡査でもあるまいし、なぜわざわざこんなものを?」
「これじゃ保管じゃなくて展示だろ」
「ただの旭日旗でなく太極旗(韓国国旗)と合成するなんて。国家冒涜(ぼうとく)罪では?」(翻訳・編集/吉金)