写真提供:マイナビニュース

写真拡大

CData Software Japanは9月6日、SaaSデータのレプリケーション(複製)を作成するサーバアプリケーション製品「CData Data Sync シリーズ」の提供を開始した。

CData Data Syncシリーズは、Salesforce、Dynamics CRM、SharePointなどのクラウド上の業務アプリケーションデータのレプリケーション(複製)をローカルDBおよびクラウドDBに作成するサーバ製品。

対応データソースとして、Salesforce、Dynamics CRM、SharePoint、NetSuite(英語版)、SugarCRM(英語版)、Zoho CRM(英語版)、Oracle Eloqua(英語版)、HubSpot(英語版)をサポート。これらのサービスのレプリケーションデータベースをローカルおよびクラウドDBに作成できる。今後も対応データソースの拡充を予定しているという。

レプリケーション先のデータベースには、Oracle、MySQL、SQL Server、DB2、PostgreSQL、Amazon Redshift、Access、Cloud SQL、SQLite、SQL Azureを設定できる。対応プラットフォームは、「Windows版」と「Cross-Platform Unix/Linux/Mac版」の2種類を提供している。

ライセンスは、1年のサブスクリプションライセンスと永久ライセンスを用意。サブスクリプションでは、期間中に無償でアップデートが受けられる。製品ごとの価格は次のとおり(4コアまでのサーバライセンス、100万レコード/テーブルの場合)。全製品、30日間の無償トライアルを提供している。

(山本明日美)