写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東宝はこのほど、映画『シン・ゴジラ』(脚本・総監督/庵野秀明)が1984年の『ゴジラ』(平成ゴジラシリーズ)以降、最高の観客動員数を記録したことを発表した。

7月29日に封切られた『シン・ゴジラ』は現在、観客動員420万8,608人、興行収入61億3,492万9,000円(9月6日現在/公開40日時点)。第19作『ゴジラVSモスラ』の動員420万人を超え、最高の動員数を記録した。

ゴジラシリーズは、第1作の『ゴジラ』(1954年)が公開されてから60年以上、現在までに国内で計29作品が製作されている。大別すると、第1期・昭和ゴジラシリーズ(1954〜1975)、第2期・平成ゴジラシリーズ(1984〜1995)、第3期・ミレニアムゴジラシリーズ(1999〜2004)があり、作品や時代によってキャラクター設定・デザインが異なる。なお、第3作『キングコング対ゴジラ』がシリーズ最高の観客動員1,255万人を達成している。

『シン・ゴジラ』は、『ゴジラFINALWARS』以来、日本で12年ぶりに製作された最新作で、「ゴジラ」シリーズでは54年の『ゴジラ』以降初めて、「ゴジラが初めて現れた世界」を描いた作品となっている。

TM&(C)TOHO CO., LTD.