ポケモンGOをやめた理由の1位「バッテリーがなくなるから」:MMD調査

写真拡大

公開当初に比べればブームが落ち着いた感のあるポケモンGO。MMD研究所は8月19日〜26日の期間中、インターネット上で「ポケモンGO」の利用実態調査を実施。その結果を公表しました。対象は15歳から69歳の男女2190人です。

【ギャラリー】2016年8月ポケモンGOの利用実態調査 (8枚)

最もポケモンGOに熱中しているのは20代

ポケモンGOのプレイ経験を尋ねると、現在プレイ中の人が24.2%。過去にプレイ経験のある人は13.3%、計37.7。最もプレイ経験が高い年代は15〜19歳で59.8%。現在もプレイしている人に限定すると、20代のプレイ率が33.1%と、最も高い結果になりました。

次にポケモンGOで遊んだことのある人(825人)を対象に、プレイ期間を質問。調査時点でプレイ期間としては最長が「〜5週間程度」ですが、この回答が21.9%と最も高くなりました。現在プレイ中の人(530人)に限ると31.3%にまで回答が増える一方、過去プレイしていた人の最多回答は「〜3日程度」(39%)です。

▲遊んでみた評価を10点満点で聞いたところ、平均は5.6点

▲16.6%の人は、アイテム購入のために課金したと回答

ポケモンGOをやめた理由、1位は?

ポケモンGOを過去プレイしていた人(295人)に、プレイをやめた理由を訪ねました。理由の1位は「バッテリーがなくなるから」(42%)。2位以降「自宅でできることがあまりないから」(38.3%)、「同じことの繰り返しだから」(37.6%)、「同じモンスターばかりでるから」(31.5%)、「歩きスマホが危ないから」(23.4%)と続きます。