6日、華やかな結婚式を挙げるカップルが多い中華圏の芸能界だが、このほど電撃結婚したスティーブン・フォンとスー・チーのように、あくまでジミ婚を追求したカップルも少なくない。写真はタン・ウェイとキム・テヨン監督。

写真拡大

2016年9月6日、華やかな結婚式を挙げるカップルが多い中華圏の芸能界だが、このほど電撃結婚したスティーブン・フォン(馮徳倫)とスー・チー(舒淇)のように、あくまでジミ婚を追求したカップルも少なくない。新浪が伝えた。

【その他の写真】

俳優で映画監督のスティーブン・フォンと女優スー・チーが3日、結婚を電撃発表して世間を驚かせた。2人は結婚式も披露宴もしないことを明らかにしている。

昨年10月には、俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)と女優アンジェラベイビー(楊穎)が上海市で、驚くほど豪華な結婚式を挙げた。欧米メディアもその派手さを取り上げ、共産党機関紙まで苦言を呈するほど。しかしスティーブン・フォンとスー・チーのカップルと同じく、あくまでジミ婚を選んだ顔ぶれも少なくない。

このほど第一子女児を出産した女優タン・ウェイは、14年秋に韓国の映画監督キム・テヨンと結婚。2人は旅行先のスウェーデンの農場でささやかな式を挙げ、参加したのは現地の人だけ。わずか20分で終了している。

台湾の人気ユニットF4出身のヴィック・チョウ(周渝民)は昨年11月、女優リーン・ユウ(喩虹淵)と入籍。ツーショット写真1枚を公開するというあっさりした発表だった。結婚式は今後、ささやかなものを行う予定だと語っている。

台湾の女優アリエル・リン(林依晨)は14年10月、実業家男性と台北市内のホテルで結婚式を挙げた。スポンサー企業もなく、豪華な指輪や海外の有名ブランドのドレスもなし。平凡かつ地味すぎる結婚式だったが、世間からの好感度は非常に高いものとなった。(翻訳・編集/Mathilda)