リオ五輪のウソつきスイマー、もう TV出演!海外セレブは不祥事もウリ?

写真拡大

 8月下旬、「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音に新恋人報道が持ち上がり、ネット上やワイドショー番組では再び “川谷叩き”が勃発。それに伴い「ゲス不倫騒動」以来、芸能界からほぼ追放状態のベッキーの完全復帰についても再び話題となりました。

 ところ変わってアメリカでは、つい数週間前に不祥事を起こしたばかりのアスリートが、秋からスタートする人気TV番組の新シーズンに出演することが決定。この出演が「早すぎる」か「妥当」か、議論が巻き起こっています。

◆「強盗被害」捏造のスイマー早くもTVで活躍

 その人物の名はライアン・ロクテ(32)。閉幕したばかりのリオデジャネイロ・オリンピックで、記録よりもスキャンダルで有名になったアメリカ人スイマーです。

 そう、ライアンはリオで外出した際に自分たちが引き起こしたトラブルを隠すため、「ガソリンスタンドで強盗団に襲われ、頭に銃を突きつけられた」という“嘘”の証言をしたことで話題になったばかり。イケメン水泳選手としてファッション誌などで取り上げられる機会も多かった彼のイメージは、一気に地に落ちたのでした。

 この不祥事でライアンは長年のスポンサーだった水着メーカーのSpeedoや、ラルフ・ローレンなどの契約を失い、マスコミからも袋叩きに。

 そんな中、セレブと社交ダンスのプロがコンビを組んでダンスを競うリアリティ番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』が、「この9月12日からスタートする新シーズンにライアンを起用する」と発表したのです。

◆お騒がせセレブ総出演のダンス番組

 この番組は懐かしのスターやお騒がせセレブを引っ張り出してきて、話題作りをすることでも有名。

 過去にはキム・カーダシアンやロブ・カーダシアン、ジャック・オズボーンなどのお騒がせ二世タレントたちや、逮捕歴のある女優ミーシャー・バートン、懐かしのセクシー女優パメラ・アンダーソンなども出演。

 またリオ五輪の決勝戦後、敗れたスウェーデンチームを「臆病者」と中傷したことで問題になったサッカー・アメリカ女子代表のホープ・ソロも、まだ問題を起こす前でしたが同番組に出演、華麗なダンスを披露していました。

 8月30日、不祥事を起こしたばかりのライアンはキャスト発表の場となった abcの朝の情報番組『Good Morning America』に出演。

 五輪でのスキャンダルについて、「ボクはある部分では嘘をついてしまった。それについては全責任を追うつもりです」と反省する姿を見せた上で、「Speedo(の水着)を脱ぎ捨てて、ダンスシューズを履く時が来たのだと思います。オリンピック出場と同じ気持ちで臨むつもりです」と番組への意気込みを語りました。

◆「判決」は視聴者の手に!

 日本と違って、世間を騒がせるトラブルメーカーたちをTVに高速復帰させることに1ミリの抵抗もないアメリカのエンタメ業界。

 番組関係者は「ライアンにとってこの番組はイメージを回復する良い機会。彼は1度間違いを起こしてしまっただけの良い人なのだと視聴者にアピールできる」と『US Weekly』に語っています。

 しかし『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』は視聴者投票で勝敗を決るシビアな番組、視聴者によるライアンの“公開裁判”状態になる可能性も大。

 実際、『Entertainment Weekly』が行うネット投票では、70%以上の読者が「彼には投票しない」と答えていますが、果たして……?“公開判決”の行方は番組がスタートしてみるまで分かりません。

Source:
『abc News』http://abcnews.go.com/Entertainment/ryan-lochte-made-mistake-rio-robbery-claim-moving/story?id=41738959
『US Weekly』http://www.usmagazine.com/celebrity-news/news/ryan-lochte-is-joining-dwts-after-rio-scandal-w436060
『Entertainment Weekly』http://www.ew.com/article/2016/08/30/ryan-lochte-dwts-poll

<テキスト / 橘 エコ>
【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)