はしかの集団感染 免疫力の不十分な「20〜30代」に発症者が集中

ざっくり言うと

  • 日本では約40年前から、はしか予防の定期接種が実施されている
  • 接種回数の違いなどから20〜30代は免疫力の不十分な「空白の世代」とされる
  • 関西国際空港で発生した集団感染ではほとんどが20〜30代に集中した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング