設計は安藤忠雄。美術館か邸宅?なんて思っていたら、実はこれ馬の邸宅”。そう、牧場なんです。しかも、所有者はトムフォード。

安藤忠雄が牧場をデザインしていたことも、トムフォードが牧場の設計を依頼していたことも驚き。そしてさらにビックリなのは、それが現在購入可能であること!

とはいえ、なんとも非現実的なプライスなんですけどね…。

お値段、77億円。

これがその牧場「Cerro Pelon Ranch(セロ ペロン ランチ)」。肝心の建築は、1分5秒ごろから出現するので、そこまで飛ばしてもOK。登場する馬すら、まあお上品です。

場所は、アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ。厳密にいうと、価格は応相談らしいのですが、トムフォード自身が7,500万ドル(77億円)をリクエストしているのだそう。

安藤建築ということで、当然ながらコンクリート。

荒々しい風景とコンクリート建築とのアンバランス感が見どころ。

8つの馬小屋と屋内外の馬用トラック、従業員宿舎、住居等が備え付けられている模様。

敷地面積は、サンタフェ地区最大となる8万平方メートル。敷地の北側にはガリステオ川が流れる。

果たして、とんでもない大富豪が購入したりするのでしょうか。個人的に今後の動向に注目してみたいと思います。

Licensed material used with permission by kevin bobolsky group