子育て中に在宅でできるオススメの仕事3つ

写真拡大

子育て中って何だか社会から切り離された気がして不安になりますよね……収入がないことを気にされる方も少なくありません。女性の力が注目される現代で、在宅ワークの存在を知っているかいないかはお子様のためにも、もちろんママたち自身のためにも大きな違いです。ぜひこれを読んであなたがより活躍するための手がかりを見つけてください。

初めの一歩〜在宅ワーカーへの道〜

まずは、自分について知りましょう。これは在宅ワークだけでなく、就職する場合には必ず必要になります。自分の能力や仕事に費やせる時間、所有している道具や有する環境(主にPCやwifi環境)を今一度振り返ってみましょう。

どんな仕事にも当てはまりますが、自分のペースで(もちろん努力は必要ですが)、長く続けられることが何よりも仕事の上達につながりますよね。例えば、人と話すのが苦手でストレスを感じる人に営業をというのはなかなかの苦行ですし、PCを開いたこともない人ではかなりの覚悟と努力がなければワードやエクセルは使いこなすような仕事はできません。

子育てをしながらのお仕事となりますので、自分があまり無理のない程度で続けられるのは何かを第一に考えましょう。また、卒業後すぐに妊娠出産をして会社で働いたことのない方や会社をリタイアしてから時間が経っている人は、今一度ある程度のビジネスマナーを学ぶもしくは思い出すことも大切になります。

働く意欲を高揚させること

メールの書き方や書類の出し方など、ある程度でかまいませんので、専用のページも存在しますからインターネット上や専門書を通して業務に支障のないくらいに思い出しておきましょう。それによって働くイメージもわき、働く意欲が高まります!

自分の専門能力を高め、ビジネスマナーを身につけるための通信講座も存在しますので、ぜひ活用をしてみてください。これを機会に資格を身につける方も多く、資格や知識は自分の世界や視野を広げる手助けもしてくれますから、自分磨きと称して少し時間を設けてみてください。

さて、準備ができたらいよいよ仕事探しの時間です。手先を使っての商品の製作や、パソコンを使ってのデータの入力や作成、デザイン関係の仕事や、アンケートに答えてポイントをためるなど様々な種類の仕事があります。まずは資料を集めることが重要ですよね。自分の能力に合うものを探し、しっかりと見極めることが大切です。

自宅での教室は、デメリットもありますが、長年のスキルや趣味を活かして行う講師という仕事はメリットの方が大きいといえます。コツは始めるまえにしっかりと計画と準備をして踏み出すことです。

オススメ在宅ワークその1「趣味や特技を生かした教室」

オススメの在宅ワークとしてひとつめは「趣味特技を生かした教室の開校」を挙げます。もちろん、誰でもどこでも教室を開けるというわけではありません。まずは教室を開くだけの場所と環境があることが大前提ですし、また人に「教える」ためには知識や能力が必要です。条件が揃えば自分の能力を最大限に生かすことができますよ。

フラワーアレンジメントやフランチャイズの教室の展開、最近ではパソコン教室やネイル、デコアーティストの教室も注目を集めており、活躍の場は広がっています。あなた自身が楽しんで輝けて、また生徒さんたちが生き生きとした時間を過ごすお手伝いができます。

しかしここで忘れてはいけないのが、お金(月謝)をもらっているからにはプロであり先生であるということです。そのためには日々の努力が必要です。

教える内容に関する知識や自分の技能を高めるのはもちろん、教え方(ティーチング)についても人から学んだりインターネットで調べたり本で勉強を進めていくことが大切です。

生徒さんたちとの時間というのは楽しさもあり、たまにはぶつかることもあるかもしれません。そんな時はぜひ子育てで身につけた人を「理解」し、優しく「見守る」あたたかい母の心を活かしてください。

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント教室については義務付けられている資格は特にありません。

しかしながら、アレンジメントにも基本の技法がいろいろあります。お花が好きで教室を始めたい方は、本を読んで独学もありますが、花屋さんで開催しているフラワーアレンジメント教室に1度参加してみると独学の入口が見えます。アレンジしたお花は部屋に飾れますしプレゼントにもできます。

技術が身につけば、結婚式のブーケや胸元に飾るコサージュなども制作できるようになります。ラッピングやカラーなど知識を広げていくことも楽しみの1つになります。

パソコン教室

ご自分の得意分野のパソコンスキルを教えるのもいいですね。主婦向けにパソコン入門編や、ブラインドタッチの入門編でも需要は多いものです。企業のパソコン教室までは通えないけど、ちょこっと知りたい、知らなかった操作を身に着けたいといった気軽にきけて、身近に教えてもらえる教室から始めるのもおすすめです。

パソコンインストラクターの資格を取得すると、高度なスキルが身につくと同時に授業料も高額に設定することが可能になりますよ。

オススメ在宅ワークその2「データ入力・テープ起こし」

データ入力

オススメの在宅ワーク二つ目が「データ入力」と「テープ起こし」です。データ入力については資格が特に必要とされず、パソコン初心者の方でも根気強く続けられる方であればお仕事ができます。

登録が無料のサイトが多いので、初期費用も必要にならず、すぐにスタートできるのも特徴です。データ入力の内容については様々で、住所の打ち込みや資料作成などがあります。パソコンに関して特別な知識は必要ありませんが、ブラインドタッチや基本的なキーの操作は勉強して習得しておくとより作業がスムーズに進みます。

ブラインドタッチというと「早く打てないとダメかしら」と不安を感じられる方も多いかもしれませんが、ある程度のスピードがあれば大丈夫です! 数をこなしていけば必ずスピードは上がっていきます。それより「正確さ」が求められますので、根気強く丁寧にお仕事のできる方が向いています。

テープ起こし

これも根気勝負のお仕事です。ICレコーダーなどの録音機器に入っている音声を文字に起こすお仕事です。こちらはデータ入力よりもさらにパソコン入力のスキルが求められます。

また話し言葉をわかりやすく起こさなければならないため国語力やテープ起こしの決まり事をしっておく必要があります。ただし今その能力に自信がなくても心配はご無用です!

音声起こしの技能を測ることが可能なのです。自分のレベルを知り、弱みを知ることで少しずつ自分の能力を高めることが可能です。ぜひ自分を磨き、活躍の場を広げてください。

オススメ在宅ワークその3「翻訳」

その名の通り、英語やその他の様々な言語から日本語の文章を作ったり、その反対に日本語から各国語の文章を作るお仕事です。これには必要な言語の習得が必須です。少し専門性の高いお仕事ですが、在宅で自分の好きな時間でできるので魅力的です。

ただしどのお仕事もそうですが納期がついて回りますので、タイムマネージメントのできる方でないと長くは続きません。

外国の本や知識、食べ物など多くのものが私たちの生活に密接に関わっている今日。あなたの能力を眠らせておくのはもったいないです! ぜひ社会のために役立ててください。

在宅で仕事をする人の体験談

厚生労働省の「在宅ワークに関する総合支援サイト」で紹介されている体験談の一部をいくつか紹介します。その仕事をしている人がどんなことを考え、感じているのか分かりますよ。すべて見たい人は、サイトを見てみましょう。

まずはデータ入力をされている方の声です。

次に翻訳の仕事をしている方の声です。

厚生労働省のサイトには多数の仕事や事例が載っていますので、他の女性達がどうしているのか知りたい人は見てみましょう。あなたと似た経歴や仕事の方がいれば、参考になるはずです。

また、1日の時間の使い方や報酬、その人の経歴などが分かるため、具体的にその仕事をイメージし、自分に合うかどうか確認することができます。

在宅ワークに関する総合支援サイト:http://homeworkers.mhlw.go.jp/work/

まとめ

厚生労働省でも取り上げられるほどに日本における「在宅ワーク」の存在は大きくなってきています。以前、女性は子どもを産んだら家庭に、という考え方が根強くありました。

しかし、近年では家庭の形態もかわり(祖父や祖母と同居せず核家族の形態をとることが多い)、その理由から保育園や幼稚園の不足、また少子高齢化が進む中で企業は人材確保が難しいという事情から、在宅ワークが注目され続けているのです。

中にはそんな状況を悪用した悪徳商法も存在しますが、情報源に注意し、しっかりと選べば自分の能力を上手く生かし、大切な収入源となります。どんな人にも等しく働く機会は与えられる、そんな新しい社会の在り方が広まりつつあるのです。

ぜひ自分の能力を見極め、場合によってはその能力を高めることに力を尽くし、長く続けられる仕事に出逢っていただきたいです。あなたの活躍を応援しています。