先週は15位タイフィニッシュも、ショットの不調に終始悩まされた(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<BMW選手権 事前情報◇7日◇クルックド・スティックGC(7,516ヤード・パー72)>
 米国男子ツアーのプレーオフ第3戦「BMW選手権」が現地時間の8日(木)から4日間の日程で開催される。コンウェイ・ファームズからクルックド・スティックGCに会場を移して、フェデックスポイントランキングの上位70名のみが出場できるエリートフィールドの戦いがいよいよ幕を開ける。
プレーオフの模様をフォトギャラリーでプレイバック!
 
 開幕に先立ち予選ラウンドの組み合わせが発表され、ポイントランキング16位の松山英樹はケビン・キスナー(米国)、キム・シウー(韓国)と同組となった。先月行われた米国ツアー「ウィンダム選手権」では圧倒的なスコアでツアー初勝利を挙げたシウー。新進気鋭の21歳のラウンドにも注目が集まる。
 先週行われたプレーオフ第2戦「ドイツ銀行選手権」を制したローリー・マキロイ(北アイルランド)はアダム・スコット(オーストラリア)、ジェイソン・スピース(米国)とラウンド。ポイントランキング首位を走るパトリック・リード(米国)は昨年優勝のジェイソン・デイ(オーストラリア)と2010年の覇者ダスティン・ジョンソン(米国)と同組となった。
 松山はランキング30位までが出場できる最終戦への切符はすでに所持済み。先週からショットの不調に悩まされている松山だが、昨年7位タイと奮闘した今大会で復調のきっかけをつかんで最後の戦いへと向かいたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
松山英樹、好感触はパットのみも「いい順位で終われるように」
ローリー・マキロイの優勝セッティング&今後の方針は?