「今日から新学期!」と笑顔で写真に写ることを拒否した男の子が正直すぎる

写真拡大

日本では新入学や進級の季節は4月だが、欧米では9月。

そのため長い夏休みが明け、初めて学校や幼稚園に通う子どもは、緊張と期待に胸を膨らませているに違いない。

また進級した子どもも学年が1つ上がり、心機一転フレッシュな気持ちで、登校日を迎えているのではないだろうか。

新学期を迎えた子どもの写真

季節柄、入園、入学、進級を果たした子どもの写真が続々とSNSに投稿されている。

例えばこんな感じや、

こんな感じ。

子どもたちははじけるような笑顔を見せ、新生活に胸躍らせている様子。

…と思っているのは親だけである。

子どもの本音とは

「んなわけないじゃん!」と思っている子どもももちろんいる。

ほら、ここに。

[deleted]/Reddit

[deleted]/Reddit

これはRedditに投稿された写真で、左に立つ男の子は笑顔で「今日は登園初日!」というメッセージを掲げている。

これこそ親が望むべき、新学期の定番のポーズだ。

腹立たしい表情を浮かべる少年

ところが右側の男の子に笑顔はない。明らかに不機嫌でムスッとしている。

しかし、大人も子どもたちの本音に薄々勘づいているのではあるまいか?

子どもにとって新学期とは、必ずしも楽しいだけのものではないはずだ。自由気ままに過ごせる夏休みの方が良いに決まっている。

学校なんて大っ嫌いだ!

投稿にも「彼こそヒーローだ。“大っ嫌い”の全盛期」とあるように、この少年にとって新学期など、忌々しいだけのもの。

その証拠に彼が手にしているメッセージには、「学校なんて大っ嫌いだ。“学校なんて大嫌い”と書かれたメッセージ以外は掲げない」と書いてある。

あまりに正直すぎる男の子の主張に対し、「子どもの頃、僕もまさにこう思っていたよ!」「この子私の子どもなんじゃない?」「私も右の子寄りの子どもでした」と、同意する大人は意外なほど多い。