米シカゴで連休中に13人射殺 殺人発生率が1990年代並みに逆戻り

ざっくり言うと

  • 米シカゴで5日のレーバーデーの連休中に計13人が射殺された
  • 警察は抗争に対するギャング絡みの報復が相次いだとみている
  • シカゴでは暴力事件が急増し、犠牲者は1990年代の水準に戻りつつある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング