ポケモンGOのプレイ経験は37.7%、現在プレイしている人は24.2%。MMD研究所調べ

写真拡大 (全8枚)

MMD研究所は、15歳〜69歳の男女2,190人を対象に2016年8月19日〜26日の期間で「2016年8月ポケモンGOの利用実態調査」を実施した。

■ポケモンGOのプレイ経験は37.7%、現在プレイしている人は24.2%
15歳から69歳の男女2,190人を対象に、ポケモンGOのプレイ経験を聞いたところ、現在プレイしている人が24.2%、過去プレイしたことがある人が13.5%を合わせ、37.7%がポケモンGOをプレイした経験があると回答した。プレイ経験を年代別に見てみると、15歳から19歳のプレイ経験が最も高く59.8%、次いで20代のプレイ経験49.1%で高かった。現在プレイしている人に限定すると、15歳から19歳のプレイ率よりも、20代のプレイ率の方が高かった。



■ポケモンGOのプレイ期間は、「リリースから5週間程度」が最も高く21.9%
ポケモンGOのプレイ経験者(n=825)を対象に、ポケモンGOのプレイ期間を聞いたところ、調査時点でプレイ期間としては最長の「〜5週間程度」が最も高く21.9%だった。これをプレイ状況別にみると、現在プレイしている人(n=530)のプレイ期間は「〜5週間程度」が最も高い31.3%だった。一方で、過去プレイしたことがある人のプレイ期間は、「〜3日程度」が最も高く39.0%だった。




■ポケモンGOの評価、平均点は10点満点中5.6点
ポケモンGOのプレイ経験者(n=825)を対象に、ポケモンGOで遊んでみての評価を10点満点で聞いたところ、最も多かったのは「5点」、次いで「7点」「8点」「6点」と続いた。10点満点中の平均点は5.6点だった。



■ポケモンGOの課金率は、16.6%
ポケモンGOのプレイ経験者(n=825)を対象に、お金を支払ってアイテムなどを購入したかを聞いたところ、16.6%がアイテム購入したことがあると回答した。



■ポケモンGOを止めた理由は、「バッテリーがなくなる、自宅ですることがない、同じことの繰り返し」が上位
ポケモンGOを過去プレイしていた人(n=295)を対象に、ポケモンGOを止めた理由を複数回答で聞いたところ、「バッテリーがなくなる」が42.0%で最も高く、次いで「自宅でできることがあまりない」が38.3%、「同じことの繰り返し」が37.6%で上位だった。



■調査結果

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」をシルバーウィークに北海道にて開催
・「LINE FRIENDS STORE」が関西に初上陸。ポップアップストアが9/5より梅田ロフトにオープン
・LINE、より安全にユーザーの通信を守る取り組みとして暗号化通信方式「Letter Sealing」の対応を拡大
・CA Tech Kids、「敬老の日 LINEスタンプ制作体験ワークショップ」を開催
・スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」がサービスを開始