カラコンだけは卒業!誰でもナチュラルなハーフ顔になれる3つのワザ

写真拡大

モデルのローラさんやマギーさん、ダレノガレ明美さんなどが活躍している昨今、ハーフ顔人気も全盛期に突入しています。

しかし、THE日本人顔の女子はメイクでハーフ顔を作りたいと思ってもよくわからない!なんて人も多いはず。とりあえずカラコンだけ入れとけばいっか、なんて思いがちですが、それでは安っぽいハーフ顔になってしまいます。

古くない、派手すぎない魅力を作るのはなかなか難しいものですが、せっかくならメイク法をきちんと知って、圧倒的なハーフ美人感を出しませんか?

今回は、フランス在住で毎日フランス人を見ている筆者が研究した、THE日本人顔の女子でもハーフ顔になれるメイク術をご紹介します。

■眉間を少し狭くして、鼻筋ハッキリ

欧米人と日本人で大きく違うところの一つに「眉と目の幅」があります。

日本人は、少し間があるのに比べて、欧米人はその幅がかなり狭いのです。そして、眉間も同様。この幅の違いが、日本人(アジア人)と欧米人の印象を大きく変えているのです。

ハーフ顔に見せるには、ここをできるだけ欧米人に近づけることが重要。眉間の下の部分をアイシャドウで色づけし、眉に見せかけます。そして、眉頭の縦ラインをアイブロウで強調します。そうすることで鼻筋をハッキリ見せることができるのです。

綺麗に形を作ったら、ダークブラウン系のアイブロウライナーでふちどった眉の中を埋めていきます。しっかり眉毛が生えているということも、ハーフ顔のポイントです。

■リキッドファンデーションでマット肌をつくりこむ

ハーフ顔には、マット肌が欠かせません。明るめでマットなリキットファンデーションで肌をつくりこみましょう。

使う下地やファンデーションの色もハーフや欧米系の人に多い「ピンク系」の色素を意識して、ピンク系の下地とファンデーションを揃えましょう。肌の赤みが強い人は、ブルー系の下地を使うと赤みが抑えられて透明感が出ます。

ハーフ顔には、陶器のようななめらか肌を作るのが基本。最後にフェイスパウダーで毛穴もカバーすれば、ベースメイクの完成です。テカリやすい小鼻やおでこを中心にパウダーをのせていきましょう。

仕上げにブラシで余計な粉を払うと、透明感とツヤがアップしますよ。

■顔の立体感を出して華やか女子に

Woman face powders, and apply blush to the cheekbones

光と影を駆使して、顔に立体感を作ると、ぐっとハーフ顔に近づきます。そのために必要なのが、ハイライトとシェーディング。顔のラインに沿って、頰にはベージュ色の強いチーク、眉と同系色のパウダーを眉頭から鼻筋に沿ってのせます。そして、目の下に広くハイライトをのせ、顔に立体感を出しましょう。このとき、丸く入れるのではなく「逆三角形」を意識して入れるのがポイント。

ハイライトには様々な色や種類がありますが、ハーフ顔に仕上げるには、パールの入ったピンクっぽいハイライトがベストです。

この3つを意識するだけで、すぐにモデルのような素敵ハーフ顔になれますよ。今日からはカラコンだけの安っぽいハーフ顔は卒業して、周りの女子たちと差をつけちゃいましょう!