年々激しくなる「保活」で0歳児4月入園を目指すケースが増えている。保育現場の負担が増して保育士不足にもつながる(写真部・岸本絢)

写真拡大

 0歳児のうちは家で育児をし、その後に仕事復帰する。そんなささやかな願いがかなわない。厚生労働省が導入を促すという認可保育所の「入園予約制」は、そんな状況を変える一打になるのか。

 今年4月、前年の11月に生まれたばかりの生後5カ月の長女を認可保育園に入園させ、仕事に復帰した都内のIT企業に勤める女性(34)は、地方に住む夫の両親からさんざん非難された。

「まだ離乳食も始まっていないうちから保育園なんて」

「もう母乳やめちゃうの」

 女性自身も生後5カ月での入園は不本意だったから、それらの言葉が心にぐさり、ぐさりと突き刺さってきた。

「私だって、せっかく育休制度があるんだから1歳ぐらいまで一緒に過ごしたかった。でも、0歳のうちに入園させなければ、保育園に入るのはもっと難しくなる。追い詰められて、そうするしかなかった」

 待機児童問題が深刻化し、子どもを保育園に入園させる「保活」も厳しくなる中、保育園の定員は4月入園ですべて埋まり、年度途中での入園は絶望的な状況だ。さらに、1歳児クラスへの入園は、0歳児からの持ち上がりで枠がほぼ埋まってしまい、より厳しくなるため、0歳児4月での入園を選択し、法律では本来、子どもが1歳になる前日まで取れるはずの育児休業を途中で切り上げる人も多い。

●復帰時期見えず戦力外

 そんな中、厚生労働省が育休をしっかり取得して、年度途中でも入園できる「入園予約制」の導入を自治体に促すことを決めた。予約制を設ける自治体に対して、保育士の人件費を補助するための予算を来年度の概算要求に盛り込むという。厚労省の担当者は言う。

「親御さんの権利である育児休業を、安心して取れる環境をつくりたい」

 ただ、予約制の枠をどう捻出するかが課題だ。担当者によると、保育所定員を超えて入所できる「弾力化枠」での対応を想定しているという。

 予約制の導入については、企業側も歓迎する。

「仕事復帰の時期が早めに確定するのは会社側も助かります」

 と言うのは、都内のベンチャー企業の人事担当者(35)。昨年も、子どもが1歳になるのに合わせて7月に仕事復帰を予定していた女性から、保育園に落ちたので育休を延長したいという申し出がその1週間前にあった。女性が住む千葉県内の自治体では、入園希望の前月の23日に入園の可否の通知が来る。その後も毎月、「今回も落ちた」との連絡が続き、やっと10月下旬に「来週から復帰できます」と報告があった。この人事担当者は言う。

「『女性活躍』と言いながら、現在のシステムでは、会社が女性社員を戦力と期待して待つことが難しい。予約制を早く導入してほしい」

 もし、年度途中の入園がかなえば、0歳児4月入園の土俵に乗れない人も救われるようになるかもしれない。

「生まれ月によって『保活』にこれほど有利不利が出てしまうのは解せない」

 と感じているのは都内の会社員で、第1子を妊娠中の女性(38)。現在住んでいる、保活の激戦区・世田谷区では、1次選考の申し込み締め切りが11月30日。女性は出産予定日が12月4日のため申し込みに間に合わず、競争率が格段に高くなる2次選考にしか申し込めない。これでは保活は絶望的なので、「出産予定」でも申し込みを受け付けてくれる他の区に引っ越すことを決めた。

●嫌でも0歳4月を狙う

 認可保育園に入園できなかったときのために無認可の保育園にも見学に行ったが、月ごとの誕生日の園児を紹介する掲示物には10月以降生まれの子ばかり。きっと、認可園に入れなかった子たちだろう。保活では秋冬生まれが絶対的に不利なのだと感じたという。

 産後1年は休んで子育てしたいという思いはあるが、0歳児4月を逃すと保育園に入れないかもしれないため、職場の人たちから「早すぎるんじゃないの?」と言われながらも、来年の4月入園に申し込むつもりだ。女性は言う。

「親も0歳児で預けたくないし、保育園側も負担が大きいから受け入れたくないのに、現実は0歳じゃなきゃ入れないから無理やり入れる。矛盾しているなと思いますね。予約制などで年度途中に入園できる仕組みがあれば、ぜひ利用したい」

 実はいくつかの自治体ではすでに予約制度がある。

 東京都葛飾区では10年以上前から、育児休業を取得する人を対象に、5月から10月までの入園を事前に内定する制度を設けている。同区子育て支援課入園相談係長の宅間大介さんは、

「安心して育児休業を取得していただき、スムーズな職場復帰のために利用してもらえたら」

 と制度の目的を説明する。

 予約制度は0歳児の受け入れが12人以上の比較的大きい公立の認可園で実施していて、19園が各3人ずつ予約枠を設けている。2016年度は159人が申し込んだ。ただ、申し込みは年1回で12月上旬に締め切るため、それ以降に生まれた子どもは利用できないのが難点だ。

●夜泣きと仕事両立ムリ

 マーケティング会社に勤める女性(39)は、この制度を利用して、秋生まれの次男の9月入園が実現した。長男の時は、生後7、8カ月での夜泣きがひどく、今回もこの時期に仕事復帰はできないと思い、予約制度を利用することにした。

「長男のときはまだ育休中でしたが、仕事しながら夜泣きに対応するのは体力的に持たないので、次男のときも1歳近くまで育休を取りたいと思いました。素晴らしい制度があって、葛飾区に住んでいてよかった」

 予約制を導入している東京都品川区では、37の区立認可保育所で146人分の予約枠を設けている。子どもの1歳の誕生日前日以降まで育休を取得することが条件で、出産の翌月の月末までに申し込み、選考は入園希望日に基づいて年4回。昨年度は582人の申し込みがあった。外れた場合は4月入園にも申し込めるので、タイミング次第では2度チャンスが生まれる。

 ここまで見てきて、入園予約制は利点が多く、期待も高まるが、「実現は簡単ではない」と指摘するのは、待機児童問題に詳しい東京都市大学客員准教授の猪熊弘子さんだ。

「予約を受けるためには、事前に保育士を確保しておく必要がある。入園の枠を空けて待つのは、待機児童が多い中ではなかなか難しいのではないか。また、育休がない自営業者は利用できず不公平。保育園が圧倒的に足りない現状が変わらなければ、結局は予約枠の取り合いで、解決にはなりません」

●恩恵ないフリーランス

 予約制度は、予約者よりも保育の必要性が高い家庭の子どもが待機児童になってしまう「逆転現象」の可能性があることや、育児休業制度がない自営業者などから見て公平でないと指摘される。実際、横浜市は予約制の導入を検討していたがそういった理由で見送った。

 自営業者や自宅で勤務しているフリーランスの人は、もともと会社員と比べて保育園に入りにくい。そのうえ、ただでさえ少ない枠が会社員を前提とした育休制度利用者に取られてしまえば、自営業者が子どもを認可保育園に入れるのはますます難しくなる。

 4歳の息子と2歳の娘がいるイラストレーターのうだひろえさん(39)は自身の経験から、

「国が女性活躍や自由な働き方を掲げるなら、フリーランスの子育てについてももっと考慮してほしい」

 と訴える。2年前まで横浜市に住んでいたが、第1子はなかなか保育園に入れず一時保育や夫の休日などを利用して仕事を続け、1歳半のときに空きの出た認可園に入園した。ただ、第2子を妊娠した後、育休のないフリーランスの場合は、出産後8週間の産休明けに子どもを預けないと働いていないとみなされて、第1子が退園させられることを知った。だが、息子の通う保育園には、生後6カ月経たないと預かってもらえない。うださんは、1カ月健診が終わってすぐに保育園を見学し、3月に空きの出る認可外の園を見つけた。2園は家からそれぞれ反対方向にあり、朝夕1時間かけて送り迎え。毎日無駄な時間だと感じていたという。

 保育園を考える親の会代表の普光院亜紀さんは言う。

「限られたパイを争っている保活では、どっちかを立てればどっちかが泣き、根本的な対策にはならない。ただ、0歳児は保育園での事故のリスクも高く、親が望むならできるだけ手元で育てられるほうがいい。命の問題を考えても、育休を切り上げないですむ予約制はメリットがある」

 入園予約制は、理不尽な保活を少しでも改善できる救済策になり得るだろうか。(編集部・深澤友紀)

AERA 2016年9月12日号