写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●Uターン、住宅購入に関する太っ腹な補助金
返済の必要がない「補助金」や「助成金」には様々なものがありますが、自治体によっては「こんなものへの補助金があるの?」とちょっとびっくりするような珍しい制度を設けているところがあります。

しかし、こうした制度は積極的に広報されていない場合もあり、自分から情報を取りに行って申請しないともらうことができません。あなたの自治体にも実は見落としていた「珍しい補助金や助成金」があるかもしれませんし、こうした制度が整っているところへ引っ越しを検討してもいいですね。というわけで、今回は「自治体からもらえるちょっと珍しい補助金・助成金」の一部をご紹介します。

○「住まい」に関する補助金・助成金

IターンやUターンなど都心から地方へ移住時にかかるお金の補助や、住宅のあっせんや空き家バンクの紹介といった受け入れを促している自治体は数多く存在しています。

田舎暮らしに憧れている人はこういった制度を活用すると初期費用が抑えられるでしょう。

○住宅に関する補助金・助成金

■U/J/Iターンをしたい人向け
例)富山県魚津市……「魚津市若年移住者賃貸住宅助成金」

就職、転職、転勤等のためにU・I・Jターンをした40歳未満の人向け。市内転入の日から1年以内の時点で、県内の事業所に就職、就任(転勤)、開業をしているなど所定の要件を満たす人を対象に、「入居費用」「家賃」などを助成する。

助成額は「入居費用助成」が入居費用の3分の1(上限8万円、市内企業勤務者等は12万円)、「家賃等助成」が家賃等の月額の3分の1×最長36カ月(上限月額1万円、市内企業勤務者等は月額1万5,000円)。

■マイホームが欲しいファミリー向け
例)新潟県五泉市……「五泉市ファミリー住まいる応援事業 住宅取得補助金」

新婚世帯もしくは子育て世帯であること、住宅を新築または購入するため、金融機関等との借り入れ契約(償還期間が10年以上)を締結していることなど所定の要件を満たす場合に、最大150万円の補助金がもらえる。

なお、同事業は今年度末で終了予定。申請受付は、平成29年3月末日までで、申請をする時点で、補助対象者要件及び住宅の要件を全て満たしていることが条件となる。

■住宅リフォームをしたい人向け
例)兵庫県赤穂市……「住宅リフォーム助成」

市内の施工業者を利用した工事経費20万円以上の住宅リフォーム工事に対して、工事経費(税込み)の13%、の最大13万円分の商工会議所商品券を支給する。

●壁面緑化、雨水活用、スズメバチの駆除なども補助金がある
○家回りに関する補助金・助成金

地域性を感じさせるのが、家回りの助成金制度です。広報誌などに書かれていることが多いので、チェックをしておくといいですね。

■ケーブルテレビに加入を検討している人向け
例)広島県三次市……「ケーブルテレビ加入金助成」

過去3カ月以内に三次市に住所を移し、三次ケーブルテレビが提供するケーブルテレビの各種プランに加入する人が対象。三次ケーブルテレビ加入金2万円+税を助成する(※別途宅内工事費は有料)。

■住まいの防犯対策をしたい人向け
例)東京都港区……「住まいの防犯対策助成事業」

港区内に居住し、住民登録をしている人が対象。住まいの防犯対策にかかった費用のうち、「5,000円以上」かつ「平成18年4月1日以降に行ったもの」に対して、助成対象費用の1/2(100円未満切り捨て、上限1万円)が助成される。

具体的には「防犯性能の高い錠の取り付けまたは交換」「防犯ガラスへの交換」「センサー付アラームの取り付けまたは交換」などの費用が対象となる。

■スズメバチに悩まされている人向け
例)茨城県水戸市……「スズメバチ駆除費補助制度」

水戸市内において土地または建物を所有し、管理、または占有する人が対象。当該土地または建物内にできたスズメバチの巣を業者を使って駆除した場合、駆除に要した費用の2分の1の額(上限1万まで)の補助金が出る。スズメバチ以外のハチは対象外。

なお、水戸市役所や消防署ではハチの駆除は行っていないが、消防本部ではハチ駆除業者の案内やハチ駆除用防護服の無料貸し出しを行っている。

○エコロジーに関する補助金・助成金

■緑に囲まれた家に住みたい人向け
例)兵庫県神戸市……「生垣等緑化推進助成」

これから着工する工事であること、市街化区域内であること、公共的通りに面しており、植栽の総延長が3m以上あることなど対象の工事であることが条件。

延長1mあたり、高さ1m以上の樹木を2本以上植えること(生垣緑化)、ツタなどの多年生ツル植物を3本以上植えること(壁面緑化)など、基準を満たした場合に、工事費の2分の1(10〜20万円の限度額あり)が助成される。

また助成金ではないものの、やむをえない事情により伐採または撤去しようとする樹木(不要樹木)を無償で移植する民有地緑化助成の取り組みも行っている。

■生ごみ処理機が欲しい人向け
例)東京都八王子市……「家庭用生ごみ処理機器等の購入費補助」

家庭から出る生ごみの減量・資源化促進運動の一環として実施されている制度。八王子市在住者が対象で、1年以内に生ごみ処理機を購入し、申請をすることで処理機の購入金額の2分の1に相当する額(上限2万円)の補助金がもらえる。

処理機のほか、生ごみたい肥化容器(コンポスター、密閉式たい肥化容器)、ダンボールコンポストセット、基材の購入なども補助の対象となる。

■雨水を有効活用したい人向け
例)神奈川県横浜市……「横浜市雨水貯留タンク設置助成制度」

横浜市内の建築物に、容量が100リットル以上の既製品(密閉構造)であることなどの条件を満たした雨水貯留タンクを設置した場合、購入価格(税込み)の2分の1(上限2万円)が助成される。なお、自作の雨水貯留タンクは助成の対象外。

助成を受けるには購入前の申請が必要で、約300件の予定数に達した時点で締め切りとなる。

●防犯ブザー、おむつ、3人乗り自転車など子育てに関する補助金
○子育て・介護に関する補助金・助成金

自治体によって特色が出やすいのが子育てや介護の補助金や助成金です。子育てなどは、自治体で大きく差がでますので、引っ越すときは比較検討することをおすすめします。

○子育てに関する補助金・助成金

■チャイルドシートを購入した人向け
例)埼玉県鴻巣市……「チャイルドシート購入費補助」

市内に在住し、市内に住所のある就学前の幼児(6歳未満)のためにチャイルドシートを購入すると、購入価格(税込み)の2分の1、最高4,000円(1,000円未満は切り捨て)の補助金がもらえる。

■子供用に防犯ブザーを購入した人向け
例)山口県山口市……「山口市携帯用防犯ブザー補助金」

対象は山口市内に活動拠点を置く地区自治会またはPTA。山口市内に住所を有し、当該年度に小学校に入学する児童に供与する目的で購入した防犯ブザーの費用2分の1以内の額を補助する。ただし、1児童につき1回、防犯ブザー1個につき200円を限度とする。

■おむつが必要な乳幼児がいる人向け
例)千葉県旭市)……「乳幼児紙おむつ購入券」

0歳児・1歳児の乳幼児を養育している人に、月額3,000円分の紙おむつ購入券を支給する。紙おむつ購入券は、市内の指定取扱店で紙おむつを購入する際の代金の一部として利用可能。

■子供を2人乗せられる自転車が欲しい保護者向け
例)兵庫県赤穂市……「幼児2人同乗用自転車購入費の一部助成」

0歳〜6歳までの乳幼児が2人以上いる世帯に対し、幼児2人同乗用自転車(いわゆる3人乗り自転車)の購入費の一部を助成する。助成金額は購入費の2分の1(上限額4万円)。

○介護に関する補助金・助成金

■おむつが必要な高齢者向け
例)東京都荒川区……「紙おむつ購入費の助成」

40歳以上で、寝たきりまたは認知症等で紙おむつを必要とする人に対し、紙おむつ購入券などを助成する。

「おむつ購入券」は、非課税の人には1カ月6,000円分(2,000円券を3枚)、課税の人は、1カ月3,000円分(1,000円券を3枚)をそれぞれ支給する。病院など紙おむつの持ち込みができない場合は、住民税の非課税世帯には5,400円、課税世帯には2,700円(月額)を支給する。

■家族で高齢者の介護をしている人向け
例)福岡県北九州市……「家族介護慰労金支給」

重度の介護を要する高齢者を、介護保険サービスを利用せずに介護を行っている家族への慰労として、年額10万円を支給する。

○まとめ

いかがでしたか? 上記で紹介した以外にも、様々な自治体が独自の支援制度を行っています。また、補助金・助成金ではありませんが、1年分のゴミ袋を支給する「乳幼児紙おむつ用ごみ袋支給事業」(北海道千歳市)や徘徊高齢者をGPSで探索する「徘徊高齢者探索サービス事業」(東京都瑞穂町)など、自治体によるちょっと変わった支援事業もたくさんあるようです。

自分の住んでいる自治体にどんな支援制度があるか、探してみるのもおもしろいかもしれませんね。

なお、こうした補助金や助成金は毎年予算などがあるため、神奈川県横浜市の雨水貯留タンク設置助成制度のように、申し込み数によっては早期受付終了になることも。検討している場合は早めに利用をするようにしましょう。

今年度末で終了する新潟県五泉市の住宅取得補助金制度のように、補助金制度には期限があります。希望する制度が昨年同様にあるとは限りませんので、必ず担当窓口で確認するようにしてくださいね。

(※補助金・助成金の情報は2016年9月1日時点のものです)

○執筆者プロフィール :丸山晴美(まるやま はるみ)

外国語の専門学校を卒業後、旅行会社、フリーター、会社員、コンビニ店長へと転職。22歳で節約に目覚め、年収が350万円に満たないころ、1年で200万円を貯める。26歳でマンションを購入。2001年に節約アドバイザ―として独立。ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザーの資格を取得し、お金の管理、運用のアドバイスなどを手掛け、TV、雑誌などで幅広く活躍している。

(丸山晴美)