カネなし、コネなしで単身タイへ、「ジャングル半生」で見つけた宝物

写真拡大

発展途上の活気に満ちたバンコクの中心街。何も知らないこの地で起業し、度重なるトラブルや事件にも力強くサバイブしていく日本人女性がいるー。

タイ語に「マイペンライ」ーネバーマインドという意味の言葉があります

ふとした好奇心から、加瀬由美子が東南アジアの熱帯雨林リサーチのアシスタントに応募したのは、30代半ばのこと。短期間なら体験してみたい、そう思ったが算段は甘かった。

野営の大荷物を背負ってジャングルを歩き回る日々。ヒルに血を吸われ靴下は赤く染まり、野生の豚に追いかけられた。3カ月間のミッションを終え、帰国間際、タイのホテルで朝食をとっていた時だった。ウェイターを呼ぶ振り返り様、腰に激痛が走り、動くことができなくなった。

帰国もかなわず、入院生活を送る日々、現地の人に紹介されたのが、「ハーバルボール」というハーブを布で丸く包んだものを蒸して身体に押しあてていく、タイの伝統療法だった。

最初は半信半疑で試した治療だったが、腰が1週間でほぼ全快。加瀬はその効果に興味を持った。しかし、この「ハーバルボール」との出逢いは、加瀬をさらなる”人生のジャングル”へと誘うことになる。

加瀬が35歳で貯金300万円を頼りに単身タイに渡り、2002年に創業した「アジアハーブアソシエイション」は現在、タイに7店舗、カンボジア2店舗、ドバイにフランチャイズを持ち、世界から年間延べ25万人以上が訪れる。その他にも、病院認可を受けたアンチエイジングクリニック、有機ハーブ農園の経営なども手がけ、バンコク市内にスパホテル、プノンペンにスパコンドミニアムなども建設中だ。

13年には現地でロート製薬との合弁会社(資本金11億8,800万円)を設立。新たなステージに突入した。一から現地に入り込んで成長させた加瀬の手腕に、山田邦雄会長も「単純に手堅い、一緒にやりたいと思った」と評価する。

しかし、これまでの道のりは、まさに”ジャングル″。創業時の自宅兼店舗は、業者に泣きつかれ、工事代金の残金を完成前に払ったら翌日から連絡がつかなくなり、仕上げのタイルは自分で貼った。店舗の売上を盗んだスタッフに泣きつかれ、警察に届けず退社させたら、次の日に労働局へ不当解雇で訴えられた。日本の常識では考えられないことの連続だった。

訴訟、大洪水、空港閉鎖

特に、不当解雇の訴訟は、「徹底的に戦う」と決め、賠償請求の10倍もの費用を使い、通訳と弁護士を雇って裁判に挑むも、敗訴。裁判後、裁判長に言われる。「加瀬さん、あなたの気持ちはわかる。しかし、タイの労働法は、タイの労働者を守るためにある。もし外国人としてこの地で事業をしたいなら、甘い。もっと勉強しなさい」。

それから加瀬は、タイの労働法を猛勉強。「いまは労働法のコンサルタントができるレベルだと思います」と笑う。軍事クーデター、空港閉鎖、大洪水、度重なる事件・災害に、何度も倒産の危機に直面した。国外にも事業展開し、製品の生産、販売により力を入れるのは、カントリーリスクヘッジのためだ。しかし、加瀬は今年、タイの永住権を獲得。数年後にはタイ国籍を取得し、会社と共にタイに身を埋める覚悟だ。

加瀬は1970年代、タバコ屋と床屋を営む横浜の下町の商店の家に生まれ育った。一日の終わりには、家族で小銭を数える。わずかでも売り上げが良い日は食卓に笑いがあふれ、逆に少ない日は不機嫌が立ち込める。冷静に見つめる少女の中に、商売人の芽は育っていった。

タイやカンボジアでマッサージに従事するスタッフは、初等教育すらままならない、恵まれない環境に育ち、細腕で家計を支える女性たちも多い。加瀬は創業当初より、スタッフの雇用体系や報奨に力を入れる。励みは、彼女たちの笑顔だ。