(Ajith Kumar/Flickr)

写真拡大

 植物にも感情があるのでしょうか?イギリスの王立園芸協会(Royal Horticultural Society)の研究によると、女性の声を聴かせた植物は、男性の声を聴かせた植物よりも成長が早いそうです。

 研究チームは、トマトの苗を植え付けたプランター10個を二つのグループに分け、有名SF作家ジョン・ウィンダムの「トリフィドの時代」、シェクスピアの「夏の夜の夢」、チャールズ・ダーウィンの「種の起原」を朗読する男女の声を、それぞれにヘッドホンで毎日聴かせ、一カ月続けました。また、同様の環境条件の下で、何も聴かされないトマトのプランター2個も用意しました。 

 すると、女性の朗読を聴かされたグループは、男性の朗読を聴かされたグループよりも全体の成長が速く、平均して1インチ(2.54センチ)、最高で2インチ(約5.08センチ)も高く伸びていました。また、男性の朗読を聴かされたグループの一部の植物は、何も聴かされなかったグループに比べて、背が低く成長が遅いことがわかりました。

 王立園芸協会の総監督コリン・クロスビー(Colin Crosbie)氏は、「当初は男性の声が植物の成長促進に役立つと予測していたのですが、逆の結果になりました」「理由はわかりませんが、女性の声は広い音域とトーンを持っているから、その音波が植物にぶつかるからかもしれません。音波は雨や光のように、植物の成長に影響を与える環境要素の一つです」と述べました。

 これまでにも、クラッシック音楽を聴かせた植物がより早く成長することは知られていましたが、男女の声が植物の成長に影響を与えることは分かっていませんでした。ご自宅にある観葉植物で、あなたも試してみてはいかがですか?

(翻訳編集・豊山)