「九州の和酒で乾杯!」ブース出展!10月8日〜代々木公園「九州観光・物産フェア」へ行こうのキャッチ画像

写真拡大

10月8日(土)〜10月10日(月)の期間中、東京・渋谷の代々木公園イベント広場で「来て見て食べて感動!九州観光・物産フェア2016」が開催されます。今回は、その中の注目ブース「九州の和酒で乾杯!」をチェック。九州復興の応援もかねて、おいしい日本酒で乾杯しましょう。

九州から厳選7蔵が参加

「九州の和酒で乾杯!」ブースに参加するのは、佐賀県3蔵、熊本県3蔵、宮崎県1蔵の計7蔵です。それぞれの蔵と出品される日本酒の特長を、かんたんに紹介します。



佐賀・光武酒造場「光武(みつたけ)」
1688年創業の光武酒造場は、昔ながらの手造り仕込みの日本酒「光武」を出品。フルーティで芳醇、九州らしい銘酒です。

佐賀・幸姫酒造「幸姫(さちひめ)」
1934年創業、佐賀県内の農家との契約栽培米を原料に使用。「幸姫」はスッキリ辛口で食中酒におすすめです。

佐賀・瀬頭酒造「東長(あづまちょう)」
創業1789年。伝統的な三段仕込みで、米本来のやさしい旨みを味わえる酒造りが特長です。「東長」は濃厚な旨みとキレが共存する稀有な日本酒。

熊本・瑞鷹「瑞鷹(ずいよう)」
創業1867年。「瑞鷹」は重厚な熟成香ある純米酒。平成28年熊本地震で大きな被害を受けましたが、復旧に向けて頑張っています。

熊本・山村酒造「れいざん」
創業1762年。「れいざん」は熊本県外にはほとんど流通しない、とても貴重な日本酒。ロックで飲むのもおすすめです。山村酒造は平成28年熊本地震で被害を受けましたが、再開へのめどがつきつつあります。

熊本・河津酒造「七歩蛇(しちほだ)」
創業1932年と、比較的若い醸造所です。小国の湧き水と、35%まで磨いた小国産の酒米「一本〆」を使った「七歩蛇」は、適度な甘みがある純米大吟醸。

宮崎・千徳酒造「千徳(せんとく)」
宮崎県内で唯一の清酒専門蔵「千徳酒造」は創業1903年。・高千穂を水源とする五ヶ瀬川の伏流水を使った「千徳」は、冷や、ぬる燗、熱燗、ロックの何でもおいしく飲めます。

●お得に乾杯!リーズナブルな料金

「まずは九州の日本酒のおいしさを知ってほしい」という願いを込め、日本酒は1杯400円から提供されます。「利き酒3杯セット」(九州3県セット、佐賀3蔵セット、熊本3蔵セット)は、1,000円とお値打ち価格。混雑を避けるため、「利き酒3杯セット」は前売券の購入がおすすめです。前売券を購入すると、抽選で「九州の酒蔵へのご招待チケット」や「日本酒などの九州の景品」が当たるかもしれませんよ。

●「来て見て食べて感動!九州観光・物産フェア2016」を丸ごと楽しもう

「九州の和酒で乾杯!」ブースが出展する「九州観光・物産フェア2016」は、九州グルメやイベント盛りだくさん。ステージ上に九州のゆるキャラが集結し、子どもたちと綱引きなどの催しをおこないます。九州特産品が当たる「ガラポン抽選会」も要チェック。九州各地を360度バーチャルで見渡せる「VRスコープ」を試せば、九州旅行の気分を味わえるかも!?1日中たっぷり遊べます。

当日は参加酒蔵が自慢の日本酒を振舞い、来場者に向けて酒造りへの情熱を語ります。会場では平成28年熊本地震への復興応援募金もおこなわれる予定です。こちらにもぜひ参加したいですね。

■イベント概要
名称:九州の和酒で乾杯!
※「来て見て食べて感動!九州観光・物産フェア2016」内のブースです
開催日:2016年10月8日(土)〜10月10日(月)
開催時間:10:00〜17:00
会場:代々木公園イベント広場(B地区)
所在地:東京都渋谷区代々木神園町2-1
公式サイト:http://sakekampai.com/