1位スターバックス!「好きなカフェ」ランキング人気急上昇の2位は

写真拡大

お茶をしようと街を見回すと、たくさんのカフェチェーンが軒を連ねています。どこも個性があり選ぶのに迷ってしまいますが、あなたはどのお店を選ぶことが多いですか?

そこで、今回『VenusTap』では、一般男女500名に「好きなカフェチェーン」について独自アンケートを実施。日本人に愛されているカフェチェーン“トップ3”を特長と共にご紹介します。

■3位:『ドトールコーヒーショップ』(13.6%)

1980年に1号店を出店している、実はカフェチェーンの中でも老舗。現在1,300店以上出店しており、カフェチェーンとしては日本最大の店舗数なのだとか。確かに、都会はどの駅にもドトールだけは見つけられるイメージですよね。

支持する人の意見としては「ミラノサンドが好きでお昼が遅くなったら大抵これにしてしまう」、「最近ドトールのクロックムッシュがブームきてます!」、「ドトールのミルクレープのおいしさはスイーツの中でもトップクラスだと思う」とフード系のファンが多いよう。

サンドイッチやトースト、またはケーキなどのデザートが充実していて、朝食時やランチに気軽に食べられるのが長く愛される理由のようです。

さらに意見が多く見られたのが、価格の安さ。ブレンドコーヒー(Sサイズ)1杯が220円で、コーヒー以外のドリンクも500円以下。一般的なカフェチェーンの中でも、だいぶリーズナブルな価格設定ですよね。

■2位:『珈琲所 コメダ珈琲店』(14.4%)

名古屋発祥のカフェチェーン『コメダ珈琲』が2位に選ばれました。最近メキメキと人気が上がってきてますよね。

2003年から愛知県以外の店舗展開を進めたこともあり、東海地方以外の方は比較的新しいカフェチェーンだと思っている方も少なくないかもしれませんが、実は1968年から個人経営の喫茶店として始めた、超老舗のカフェなのです。

人気急上昇の理由が、たくさんの雑誌と新聞が置かれていて、コーヒー1杯で何時間いてもOKなところ。そしてもうひとつが、喫茶店文化が根強い名古屋発なだけに、お得な“モーニング”制度があるところ。

名古屋人は日常的に朝食を喫茶店でとるというほど、喫茶店のモーニングサービスは定番なのですが、コメダ珈琲もその例にもれず、開店から朝11時までにドリンクメニューを頼めば、厚焼きのトーストにゆで卵、もしくはたまごペーストかおぐらあんが無料でついてきます。


ブレンドコーヒー1杯が420円なので、11時までに行けばワンコイン以下でモーニングをいただくことができるというわけ。

支持者からも「やっぱり朝はコメダ珈琲店モーニングがいいですね」、「ドリンク頼むとトースト無料てすごない!?」という意見が多数。特にモーニング文化が根付いていない地域から、めずらしさや斬新さがウケているようです。

■1位:『スターバックスコーヒー』(20.6%)

やはり断トツの人気を誇ったのは“スタバ”でした。もはや定番のカフェ的な位置にいますよね。

アメリカから日本に上陸したのはちょうど20年前の1996年8月。1号店は銀座松屋店でした。当時はチェーン店のカフェにもかかわらず、洗練された内装やオシャレなメニューが大変めずらしく、すぐに評判となりました。

現在は47都道府県すべてに店舗展開され、日本に1,200近くの店舗数を構えるほどのカフェチェーンに成長。日本中どこでもスタバに行けるようになりました。

スタバファンからは「夏場はフラペチーノが至高」、「スタバはマンゴーが1番美味しい」というメニューのクオリティの高さについて多く聞かれ、「スタバのドリンク1日に6杯飲みました」という強者も。

さらにスターバックスといえば、やはり“カスタマイズ”が特徴的。「いろんな楽しみ方が出来るよね」、「最近カスタムするのがマイブーム」という、自分好みのオリジナルドリンクが作れるのがスタバならではですよね。

『VenusTap』の過去記事「スタバ呪文も怖くない!“スタバで困るトップ5”広報が解決テク伝授」にカスタマイズの方法がまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてはいかが?

いかがでしたか? 普段何気なく行っているカフェチェーンですが、それぞれの楽しみ方があるのですね。

たまには行ったことのないカフェチェーンに行ってみると、何か新しい発見があるかも。自分のお気に入りの一店を見つけてみてはいかがでしょうか。