おつかい、料理、スマホは何歳から? 小学生の“コト始め年齢”が明らかに

写真拡大

子どもが小学校にあがる前は、食事、お風呂、衣服の準備などを、親がやってあげることが多いかもしれません。

いつまでも赤ちゃん扱いしていない? 4歳から始める“ひとりでできる子“の育て方

自分の身の回りのこと、お手伝い、さて、子どもたちは何歳くらいで体験しているのでしょう。

博報堂が発表した「小学生のコト始め年齢レポート」からご紹介します。

小学1年生の7割が包丁で料理を経験!

「小学生になったから」という区切り、新しいステージの始まりに新しいことに挑戦させるパパやママも多いようです。

小学1年生の段階で既にコト始めしている項目もあります。

内容としては「ひとり入浴(51.7%)」「その日着る服を選ぶ(71.8%)」「買う服を選ぶ(61.3%)」「包丁で料理(70.6%)」となっています。

1年生になるとお風呂に1人で入ったり、包丁で料理も体験している子どもたちが半数以上。

特に「包丁で料理」はなんと7割の子どもたちが経験したことがあるという高い経験率に。

小学3年生はコト始めの時期!?

「ガスコンロなどの火を使う料理」「店で買い食い」「スーパーにおつかい」「仕上げ磨きをやめる」が、小学3年生でコト始めを迎えており、小学3年生でほとんどの項目で50%を超える、いわゆる「コト始め」期に入っていることが分かりました。

小学校では「低学年」から「中学年」に入り、行動範囲も広がる頃。子どもたちのさまざまな体験がはじまっているようですね。

小学6年生では多種多様な経験がある一方、男女差も!

6年生ともなるとかなり多くのことを経験させているというパパやママが多いようです。28項目中13項目は、2人に1人が経験したことがあるという結果になりました。

・ひとりで入浴 94.5%
・仕上げ磨きをやめる 87.4%
・包丁を使った料理 87.0%
・母親が、子供のために生理用品(ショーツなど)を用意すること 84.9%
・子供だけでお店(コンビニ、スーパー、商店街、駄菓子屋など)での買い食いをさせること 79.8%

が、小学6年生が経験したことのあるベスト5でした。

上記以外では、8割の子どもがその日に自分が着る服装を自分で選んでいることがわかりました。

この結果、男子が7割なのに対し、9割近い女子は自分が着た衣服を選んでるようです。男子に比べて、女の子はかなり小さい頃から、「これを着たい」というのがハッキリしているかもしれませんね。

子どもだけの買い食いも8割近くが、ゲームの通信機器は、7割ほどの子どもたちが解禁されているようです。

小学6年生になると、友達同士での行動も増えてくるので、その関係上「解禁せざるを得ない」ことも増えてくるかもしれません。

一方、本人専用のケータイ電話(スマホを除く)を持たせることは4割弱、スマホは2割弱、SNSなどのアカウントを持たせることは12%となっており、情報へのアクセスに関しては、まだまだコントロールをしているようです。

小学6年生の経験率・男女別の傾向では、「着る服を選ぶ」「買う服を選ぶ」「石鹸や洗顔フォーム使用」「UVケア」「ヘアケア」「ヘアスタイリング」「スキンケア」などの身の回りのケアに関して女子の経験率が高くなりました。

一方で、男子は「近所のスーパーにおつかい」、経験率は低いものの「一人でバスや電車に乗る(乗り換え有無共に)」「長距離移動のバスや電車」また、交通移動の際に使う「交通系ICカード」などの一人行動が、男子の方が経験率が高くなりました。

また、デジタル・通信系では、「ゲーム機器の通信機能利用」は男子の経験率が高く、「SNSアカウント」「本人専用のスマホ」は女子が高い傾向。男女による経験の差もあることがわかりました。

小学校1年生になれば、「コト始め」のスタート。

そして、3年生ではさらにさまざまな経験がはじまり、6年生になれば、家の中でのことはもとより、外出先での行動、移動手段、オシャレなどについて、子どもが自分で選択することが増えてきます。

また、両親が働いていたり、私立の小学校に通っていたりという場合には、低学年でも自分の身の回りのことだけでなく、電車などの乗り換えなどを経験している可能性も高いですね。

お料理は思ったよりも早く経験がはじまっているようなので、低学年、未就学の小さなお子さんでも「お手伝い」という形で、少しずつ始めてみるとよいかもしれませんね!