久々に左サイドで先発した原口が、決勝ゴール! ハリルホジッチ監督からは「『左サイドで出たら必ずゴールだからな』と何度も言われていた」そうだ。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全4枚)

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]タイ 0‐2 日本/9月6日/ラジャマンガラ・スタジアム
 
 日本の先制点を叩き込んだのは、本職の左ウイングでスタメン起用のチャンスを掴んだ原口元気だった。立ち上がりから日本が攻め込みながら、なかなか思うように得点を決められずにいた18分だった。
 
 右サイドバックの酒井宏樹が豪快なオーバーラップからクロスを放つ。そのクロスを読んでいたかのように、左サイドから中央へと入り込んでいた原口は倒れ込みながらヘッドで合わせると、想いの詰まったボールは強烈な弾道となってタイのゴールに突き刺さった。
 
 試合後、原口はこのチャンスに結果を残せたことで、安堵し雄弁に語った。
 
「使命感ってことはないけど、僕は左サイドでやりたいって思っていた。もちろん、どこででもできる準備はしていました」
 
 初戦のUAE戦で敗れ、日本代表が追い込まれている状況下で、Jリーグの浦和時代から慣れ親しみ、自身がもっとも得意としてきた左サイドアタッカーで起用された。
 
「変な話……久々に左サイドで使ってもらって、このチャンスを逃したら、もうあとはないだろうなと思っていた。そういう覚悟を持っていて、監督からも『左サイドで出たら必ずゴールだからな』と何度も言われていた。一番分かりやすい結果が出たのは良かったかなと思う」
 
 日本代表と同様、今回は原口にとっても“崖っぷち”と言える、ピンチであり、そして這い上がるためのビッグチャンスでもあった。その千載一遇の機会をモノにしたのだ。
 
 浦和からヘルタ・ベルリンに移籍して3シーズン目を迎えたというタフさが感じられる。
 
「僕自身はまず結果を残すことであり、さらに言えば、チームが勝つことだけを考えていた。むしろ自分のアピールより、チームが勝つことだけを考えてやっていました」
 
 左サイドアタッカーは数多くの有望なタレントがいる。清武弘嗣、宇佐美貴史、この日はセンターフォワードで起用された浅野拓磨……。それでも原口は強調した。
 
「それぞれ特徴が違いますからね。僕は僕の良さを出そうと思った。でも良さだけを出しても、監督の求めているものとはまた異なる部分はある。何度も何度も裏に走ることも、キツイけど心掛けてやれて、バランスよくできたとは思います」
 
 では、このチャンスを掴んだということで、自分自身に合格点は与えられるか? 
 
 その問いを受けると、原口は少しだけ考えて答えた。
 
「良かったのは結果が出たこと。でも特に後半はプレーの質が下がり、僕自身も2点目、3点目を取れるチャンスはあった。もっと強い相手とやった時に決めていかないといけない。もっと苦しい試合もあると思うので、良かった面もあったけれど、もっと強くて上手い選手にならなければいけないと、それを強く感じた試合でもありました」
 
 なによりこの1点により、レギュラー獲得に一歩近づいたのは確かだ。そして原口が、日本代表のアタッカー陣の争いを活性化させる“火付け役”になったと言える。もちろん、本人はその争いが苛烈になるのを望み、そして勝つつもりだ。
 
「欲は常にあるので、もっと、もっと、という気持ちでやっている。もう一度、このポジションを掴みたい気持ちがより強くなったし、チャレンジしていきたい」
 
 ブンデスリーガでは開幕のフライブルク戦で2ゴールをアシスト(○2-1)し、『キッカー』誌ではマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。欧州組の中で、最も幸先の良いスタートを切った選手に挙げられるだろう。ドイツに戻ったあと、アウェーでインゴルシュタット戦に臨む。