4日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本のホームセンターについて紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はねじ。

写真拡大

2016年9月4日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本のホームセンターについて紹介する記事を掲載した。

記事では、「日本の建築材料市場で販売されているもの」として、ホームセンターの売り場を写真で紹介。そこには、木材やポンプ、チェーンソー、クッションフロア、金づち、はさみ、くぎ、ねじ、各種タイルなどの売り場が紹介されている。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「まるでスーパーマーケットのようだ」
「これはすごい!ここまできれいなのはすごすぎる!」

「建築材料市場なのに中国のコーヒー店よりきれいだな」
「わが国のデパートだってここまできれいじゃない。いったいどうやってきれいにしているんだ?」

「品質にとっても信頼性がありそうな感じがするのはなぜだろう」
「中国の建築材料市場は、鼻を刺すような臭いがつきもの」

「あのくぎを見て日本製品ボイコットは無理だと思った」
「日本の素晴らしい内装は、素晴らしい工具で成り立っている」

「値段が安い!」
「日本は品質合格品しか売っていないが、中国は偽物や低品質品だらけ」

「これは中国が学ぶに値する。便座ですら徹底的に良いものを作るんだ。建築材料は言うまでもない」
「ここで売られているもののほとんどが中国沿岸部で製造されたもの。もしも日本が中国製品ボイコットをしたら、これらの企業はどうなってしまうのだろう」(翻訳・編集/山中)