フレッシャーズ編集部
      マイナビ学生の窓口

政府が「36協定」の運用見直し 残業時間に上限設定し罰則も検討へ

ざっくり言うと

  • 政府が「36協定」の運用を見直し、残業時間に上限を設定する検討に入った
  • 上限を超える残業は原則禁止し、罰則規定の新設を含めて具体化を図る
  • 長時間労働が、少子化や男性の家庭参加を阻む原因になっているとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング