日本の有名ブランドKENZOの香水のCMが斬新すぎてヤバい! 監督はハリウッドの精鋭スパイク・ジョーンズ

写真拡大

海外におけるジュエリーや香水のCMは、モデルの超美男美女がたわむれ合い、ロマンス映画から抜き出したようなシーンが繰り広げられるのがお約束である。

ところが、日本を代表する有名ファッションブランドのKENZOが、そんな常識を見事にブチ破ってしまったのだ! KENZOが新しくリリースする香水のCMが、今までにないファンキーかつクレイジーなノリで、か〜なり斬新なので紹介したいと思う。

・精鋭スパイク・ジョーンズがKENZOのCMを監督!

世界のKENZOが新しくリリースする香水「KENZO WORLD」のCMを手掛けたのは、映画『マルコヴィッチの穴』や『かいじゅうたちのいるところ』などを監督した、ハリウッドの精鋭スパイク・ジョーンズ監督だ。

彼は映画界に進出するまで、ビースティ・ボーイズやビョークのミュージックビデオを手掛け、その既成概念にとらわれない作風で、他の若手監督とは一線を画してきた存在だ。そんな彼が監督するだけに、話題のCMは、一筋縄ではいかない仕上がりになっているぞ!

・何かに取り憑かれたかのような女性の動きがヤバい!!

まず動画には、パーティーを抜け出したロングドレスの若い女性が映し出され、なんだか、寂し気な様子の彼女がジっとカメラを見つめている。すると、サム・スピーゲル&エイプ・ドラムスによる曲『Mutant Brain』が流れ出し、まるで機械仕掛けの人形のごとく、女性がカクカクと不自然に動きだしたではないか!

激しいリズムに乗り、自分の意志に反してワイルドに激しく手脚を動かす女性は、何かに取り憑かれたかのようなヤバさである!!

・新しい香水のメッセージは!?

そうするうちに、彼女のクレイジーな動きはますますエスカレートし、しまいには、手の指先からビームを発射して建物を破壊! とにかく、訳の分からない動きが止まらない女性が建物の外に飛び出すと、目の前に巨大な青色の目が忽然と姿を見せた。

そして、いきなり宙に浮いた彼女がスローモーションで目の中に突っ込み、最後に、瞳を型どった香水のボトルが映し出されてCMは終了している。

ドレスの女性が狂気じみた様子で踊りまくるCMで、何を表現しようとしているのか凡人の筆者には分からない。だがCMでは、香水名の ‟WORLD” と瞳のデザインが鍵となっている模様で、固定観念にとらわれず、 「世界を目指して常識をブチ破ろう!」との心意気を感じてしまった次第だ。

参照元:YouTube、Laughing Squid(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る