小池百合子東京都知事が記者会見。2020年東京オリンピック・パラリンピックの目標について「『コンパクト』は役目を終えた。次の段階は『サステイナブル』(地球環境を保全した持続可能社会)=『もったいない』でいく」と強調した。写真は会見する知事。

写真拡大

2016年9月6日、小池百合子東京都知事は日本記者クラブで記者会見した。2020年のオリンピック・パラリンピックの目標について、「コンパクトは役目を終えた。次の段階はサステイナブル(地球環境を保全した持続可能社会)=『もったいない』でいく」と強調。
国際的に浸透している「もったいない」精神を前面に押し出したいと語った。

さらに、8月に開催される20年東京五輪は熱い季節なので「遮熱性の高い舗装など日本の技術に期待したい」と述べた上で、世界各国で活用されるよう期待していることを明らかにした。エジプトに留学経験のある小池知事は「サウジアラビアのメッカ巡礼は熱い季節なのでヒートアイランド現象の緩和に、日本の技術がメッカで生かされると思うとわくわくする」と力を込めた。

また「私は70年代にカイロ大学に留学したが、その5年間は得難い経験だった。73年に石油ショックが起き、日本の政治家や企業のアラブ詣が始まった」と振り返った。「以来アラブ・イスラムの人たちとの交流が広がり、アラムコ(サウジ国営石油会社)前会長で現石油大臣など多くの人脈が培われた。先日もサウジアラビアの若い副皇太子が訪問してくれた」とアラブ通であることをアピールした。

その上で、「IS(イスラム国)はテロ集団であり、アラブ・イスラムの人たちを冒涜している」と非難した。

また東京を国際金融都市にするための特区制度活用や東京港を仁川、上海、サンフランシスコなどのような国際港に発展させることなどを目標として挙げた。

20年東京オリンピック・パラリンピックの成功へ、経費の徹底的な見直しに全力を挙げるとし、そのためには「仮設会場や既存施設の有効活用が不可欠だ」と強調。リオ・パラリンピックの閉会式に出席するため、再度リオ入りする際、仮設施設の状況をしっかり見てきたいと明かした。(八牧浩行)