黒壁スクエアは、滋賀県長浜市旧市街、北国街道沿いに続く古い町並みの一角にある、伝統的建造物群を生かした観光スポットです。

明治時代から黒壁銀行の愛称で親しまれた古い銀行跡を改装して作られた「黒壁ガラス舘」では約3万点のガラス製品が展示・販売されているほか、「黒壁ガラススタジオ」「ステンドガラス館」など、ガラスにちなんだギャラリーやショップが建ち並ぶ黒壁スクエアは、「ガラスの街」として知られています。

街歩きやショッピングも楽しい黒壁スクエアですが、ガラス工芸を中心とした工房が点在する黒壁スクエアを訪れたら、ぜひトライしてみたいのがガラスの体験教室!

黒壁スクエアのほぼ中心にある黒壁ガラス館から徒歩数分、北国街道沿いにある「黒壁体験教室」では、いろいろなガラスの体験教室が開催されています。

吹きガラスやステンドグラス、バーナーワークやとんぼ玉など作り応えのある体験教室から、サンドブラスト、ジェルキャンドル、フュージングなどの手軽な体験教室までが集まっているので、好みや予算、時間に合わせて選ぶことができます。

なお、体験教室によって、小学生以上、中学生以上と対象が定められているので、事前にご確認ください。未就学児が体験可能な教室は、サンドブラスト体験教室、ジェルキャンドル体験教室、フュージング体験教室の3つです。

今回は、小学生と中学生の娘が「吹きガラス体験教室」にチャレンジしました。

吹きガラス体験教室は、溶けたガラスを巻き取り、息を吹き込んでコップや一輪挿し、小鉢(ガラスボウル)の中から好きなもの1点を作ります。実際の体験は1人15分程度と短めですが、ガラス工芸の手ごたえが楽しめるとあって、黒壁体験教室の中でも人気の教室なのだとか。

事前予約はしていませんでしたが、空きがあれば当日その場で申し込み可能です。

コップ、一輪挿し、ガラスボウルの見本を見て、どれにするかを決めます。

事前に吹きガラス体験教室についての説明を受ける娘たち。工房内はかなり高温で、注意事項を守らないと危険です。しっかり話を聞いておきましょう。

説明を聞いたあとは向かいにある工房に移動して、実際の体験スタート。

工房内ではスタッフが、慣れた手つきで溶けたガラスを扱っていました。

いよいよ、体験スタート。まずは長女がガラスのコップを作ります。

担当スタッフが溶けたガラスを棒の先に巻き取ってくれるので、希望の色の色ガラスを付けて、息を吹き込みます。フーッ!

まだこの時点では小さいですが、マーブル模様ができてきました。

炉に入れて熱するのと、吹くのと、形を整える工程を繰り返していきます。

ジャックという道具を使って口を広げ、形を整えていきます。

ガラスのコップ、完成! きれいな青色のマーブル模様ができました。

次は、次女がガラスボウル(小鉢)を作ります。イエロー系ドットで色付けをしましたが、この時点では高温のため、オレンジ色に見えます。

吹きガラス体験は、なんといってもこの「ガラスに息を吹き込む工程」がいちばん楽しいですね!

底にポンテ竿を付けて、口側を切り離します。

その後、やはりジャックを使って口を広げていきます。
ジャック越しに伝わるぐにゃりとしたガラスの感触は、生まれて初めての感触!

ガラスボウスは、コップよりもだいぶ口を広く開ける必要があります。難しく見えるかもしれませんが、初めてでもスタッフさんがマンツーマンで指導してくれるので、上手にできましたよ。

吹きガラス体験教室は、小学生以上が対象で、土・日・祝は1日5回(定員8名)、平日は1日3回(定員4名)開催されています。

料金は1人3,500円+税となっており、完成品を配送するための送料が別途必要です。(※吹きガラスは完成品の温度が完全に下がるまで時間がかかるため、即日の持ち帰りはできず、後日配送となります。)

こちらが数日後に宅配便で届いたガラスのコップとボウル。自分で作ったガラスの器は世界にひとつだけのオリジナルで、楽しかった体験教室の思い出とあわせて、宝物になること間違いなしです。

街歩き、ショッピング、ガラス工芸の体験教室、おしゃれなカフェや食事処が集まった滋賀県長浜市、黒壁スクエア。長浜駅までは大阪駅より約1時間31分、京都駅より約1時間1分、名古屋駅より約1時間10分、米原駅より約11分とアクセスもよいので、家族でのおでかけスポットの候補に加えてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

施設名 黒壁体験教室
住所 滋賀県長浜市元浜町12番38号
電話 0749-65-1221
営業時間 10:00〜18:00(11月〜3月は17:00まで)
定休日 年末以外年中無休
アクセス JR長浜駅より徒歩5分、長浜I.C.より自動車で10分。
公式サイト http://www.kurokabe.co.jp/

※電話またはインターネットから各種体験教室の予約が可能です。