アリババ・グループ傘下の金融服務集団アント・ファイナンシャルの決済サービス「支付宝」のユーザー4億5000万人に、「炭素口座」サービスが適用された。

写真拡大

アリババ・グループ傘下の金融服務集団アント・ファイナンシャルの決済サービス「支付宝」のユーザー4億5000万人に、「炭素口座」サービスが適用された。これは世界最大の個人向け炭素口座プラットフォームだ。炭素口座は革新的な炭素金融ツールで、支付宝の3大口座の一つでもある。この口座は人々の低炭素・グリーンのライフスタイルを記録するほか、将来的には炭素資産の取引口座になり、炭素資産の売買や投資を実現する。人民日報が伝えた。

第1期「炭素口座」の概念は支付宝の操作画面で、「アント・フォレスト」公益活動としてデザインされた。これは、ユーザーの徒歩や地下鉄による外出やオンラインで水道代・電気代・ガス代の支払いなどにより炭素排出量を減少させると、支付宝の中でバーチャルの木を育成できる。木が成長すると、公益組織や企業などアント・ファイナンシャルの提携先が本物の木を植える。

統計データによると、4億5000万人のユーザーが実行すれば、その毎年の排出削減量は中国東北地区に約4万1000平方キロメートルの喬木林を植えた場合の、1年間の炭素吸収量に相当する。この植林面積は、大興安嶺の約半分に相当する。

グリーン金融が力強く発展しており、多くの革新的な手段が登場している。アント・ファイナンシャルの都市サービスは数百都市を網羅しており、国民生活に関する多くの支払いを電子化し、外出時のコストを大幅に削減し、炭素排出量を減らしている。支付宝は2015年、証憑の電子化と便利な料金支払い方法により、年間で炭素排出量を55万4000トン減らした。これは554万本の木を植えたことに相当する。永安公共自転車股[イ分]有限公司は支付宝、信用評価サービスの「芝麻信用」と事業提携し、保証金ゼロで二次元コードをスキャンすることで自転車をレンタルするサービスを打ち出した。その1日あたりの利用者は延べ40万人以上に達する。(提供/人民網日本語版・編集/YF)