最愛の人を失ったとき… 「複雑性悲嘆」という症状も

写真拡大


執筆:井上 愛子(保健師)
監修:坂本 忍(医師)


夫に先立たれた哀しみによってさまざまな症状が現れる…。
一部では「夫ロス」という名で認知されているのだとか。夫に限らず、恋人や家族など最愛の人に先立たれたことで起こる症状として「複雑性悲嘆(ふくざつせいひたん)」があります。


ここでは、かつて「夫ロス」に苦しんでいた小林すすむさんの妻・昭子さんの事例を通して紹介していこうと思います。

配偶者を失うことによるストレス

1980年のお笑いブームの中、『オレたちひょうきん族』にレギュラー出演していた小林すすむさんの妻・昭子(あきこ)さん。「夫ロス」に苦しんでいたことをTV番組(『爆報THEフライデー』(2015年7月24日放送)で打ち明けていました。

昭子さんは1991年に結婚し、「仕事以外、どこに行くのも一緒」というほど、すすむさんとはとても仲のよい夫婦だったそうです。

しかし、その幸せな結婚生活は2012年、わずか20年で幕を閉じます。

すすむさんが「スキルス性胃がん」と「肝硬変」により、58歳という若さで亡くなったからです。あまりにも早い別れが受け容れられず、昭子さんは誰もいない部屋で一人話しかけ、夫の声を待ち続ける日が続きました。

友人たちが心配して交代で家を訪れたりもしましたが、すすむさんを亡くした悲しみは消えず、突然「どこにいるー?イヤァー!」と大声で呼んだり、泣き叫ぶことも一度や二度ではありませんでした。

このように、大切な人を失い、嘆き悲しむ気もちが長い期間、激しく続く状態を「複雑性悲嘆」といいます。

「複雑性悲嘆」の原因や症状はどんなもの?

複雑性悲嘆とは、大切な人を亡くした後、激しい悲しみが1年以上続き、日常生活に支障をきたす状態を指します。

・亡くなった人のことが常に頭から離れない
・強い孤独感や寂しさを感じる、亡くなった人を探す
・亡くなった人がいない人生は無意味だと感じる
・強い怒りやイライラを感じる
・亡くなったことを思い出させるものや状況を避ける

このような状態が挙げられ、大切な人の死を受け容れられず、常にその人のことを考えてしまいます。そのため、日常生活が混乱したり、仕事・学業、対人関係などの社会生活に支障が生じる場合があります。

乗り越えるために「今を、受け容れられるか」

昭子さんは、現在はもう「夫ロス」を克服していると語っています。そのきっかけとなったのが本の出版でした。ある出版社から連絡があり、友人の勧めもあったことから、すすむさんとの出会いや別れなどの思い出を綴りました。

そんな執筆活動を通して、生前すすむさんが言っていた「自由にやりたいことはやれよ。俺はタレントになるという夢が叶った。だから今、君の夢を全部叶えるから」というコトバを思い出したそうです。

その瞬間、昭子さんはやっと夫の死を自覚できたと述懐しています。

「悲しい気持ちは消える。でも忘れることはできない。寂しい気もちはあります。そばに誰かいて欲しいですよ」とも語っています。

昭子さんは、夫・すすむさんの死に対するショック、死を受け容れたくない気もちを、執筆という活動を通して、今までのすすむさんとの人生を振り返り、周囲の助けを借り、認めたくない感情・現状を徐々に受け容れることができたのでしょう。現在が過去を乗り越えた瞬間でもありました。

大切な人の死を受け容れるのは簡単なことではありません。辛い時は独りで抱え込まず、親しい人や、時には医師、カウンセラー、保健師などメンタルヘルスの専門家に相談することも大切です。


<執筆者プロフィール>
井上 愛子(いのうえ・あいこ)
保健師・助産師・看護師・保育士。株式会社とらうべ社員、産業保健(働く人の健康管理)のベテラン