『Durex』が発表した「ナス風味のコンドーム」に隠された深い意味

写真拡大

望まない妊娠や病気を防いでくれる「コンドーム」は、今や人類にとって欠かすことのできない存在だ。種類も豊富で、様々な好みに対応しようと日々進化を遂げている。

しかしこの度発表されたコンドームは、「どんな目的で開発されたの?」と多くの人の首を傾げさせているようだ。なぜならそれは……「ナス」風味のコンドームだから! どんなだよ!?

・世界一のコンドームブランドが発表した「ナス風味」

“性の健康と幸福についてのエキスパート” として知られる世界一のコンドームブランド『Durex(デュレックス)』。2016年9月5日に「ナス風味のコンドームが誕生しました」とツイートして話題になっている。

ネット民からは「試してみたい!」という声があがる一方で、「なんでこんな物を作ろうと思ったんだ」など戸惑いの声も聞かれている。

・「安全な性」を世に広める目的

たしかに、一体なぜ『Durex』は、こんなコンドームを作ろうと思ったのだろう? その理由は、“安全な性” を世に広めるため。なんでも、メールやテキスト上で性について話し合うとき「絵文字を使ったほうが気が楽」だと答えた16〜25歳の若者は84%にも上ったそう。

そこで『Durex』は、若者がもっと気軽に “安全な性” について話し合えるようにと、「コンドーム絵文字を作るべきだ」と主張。今回のナス風味コンドームは、そんな「コンドーム絵文字」運動の一環なのである。

・実際に販売されてはいない

プロモーションに過ぎないので、残念ながら今のところナス風味コンドームの販売は決まっていないもよう。

だが「リンゴ」や「チョコレート」、「ベーコン」、「バブルガム」、「マシュマロ」などの風味がついたコンドームは現実に存在しているので、「ナス」があってもおかしくない! ナス風味のコンドームだって夢ではないはずだ。

参照元:Mirror、Metro(英語)、Twitter @durex
執筆:小千谷サチ

関連ツイートはこちら