(株)矢野経済研究所は、2016年第1四半期(1〜3月)の住宅リフォーム市場規模を1兆2421億円(前年同期比3.4%減)、第2四半期(4〜6 月)を1兆4247 億円(同11.1%減)と推計、2016年上半期(1〜6 月)の住宅リフォーム市場規模は2兆6668 億円(同7.7%減)との厳しい推計数値を発表した。
 特に第2四半期は、ここ数年でもっとも低い市場規模となり、リフォーム市場の先行きが懸念される状況にあるとしている。消費税増税が先送りされたことにより、期待されていた駆け込み需要までもが先送りとなったと分析している。