日本勢メダルラッシュのうちに無事閉幕したリオデジャネイロ五輪。
 「まさにご同慶の至りでしたが、選手たちと同じく注目を浴びたのが、かつて自らも競技者として活躍し、現在は選手へのインタビュー、コメンテーターなどを担当していた美人解説者たちでした」(ワイドショー関係者)

 バドミントンで北京五輪に出場した潮田玲子(32)は、同競技女子ダブルスで『タカマツ』(高橋礼華・松友美佐紀)ペアが日本初の金メダルを獲得すると、自身のツイッターで、
 《自分の現役時代には想像もつかないこと》
 とつぶやいた。
 「潮田も小椋久美子とダブルスを組み、『オグシオ』の愛称でアイドル並みの人気者でしたが、実力はイマイチ。北京五輪は5位に終わってしまいました」(バドミントン関係者)

 ただ、今回の潮田の美しさは他を圧倒していた。
 「現役時代から美人で有名で写真集まで出版したほどでしたが、引退してからは余分なお肉が落ちて、さらにキレイにエロくなったと思います」(スポーツライター)

 現役引退後は、フリーの女子アナ・キャスターが多くいる事務所に所属している潮田。
 2012年9月30日、29歳の誕生日にサッカー選手の増嶋竜也と結婚した。
 「アスリートでしたから、食事は栄養を考え、カロリー計算も完璧にやっているそうです。得意料理は、ゴーヤチャンプルだそうです」(スポーツ紙記者)

 余分な肉はおっぱいの方へまわり? Dカップ巨乳になったという。
 「実は、もともと自信があるのが“美脚”なんです。どこへ行くにしてもミニスカ姿が多い。もう少し、しゃべりが上手になれば、スポーツキャスターとしての仕事がもっと増えると思います。なお、かつての“相棒”小椋とは、現在、交流はないようです」(テレビ局関係者)

 人妻といえば、世界を驚かせたときは、まだ14歳だった岩崎恭子(38)も、メディアによく顔を出していた。
 「あの“恭子ちゃん”がもう38歳ですからね。時の流れを感じますね。でも、当時からのあどけなさを残したまま、大人の女性になりましたね。彼女が1992年のバルセロナ五輪200メートル平泳ぎで金メダルを取った後に生まれた子供たちが五輪で活躍しているのを見ると、何か不思議な感じがしますね」(前出・スポーツライター)

 金メダル獲得後のインタビューで、
 「今まで生きてきた中で一番幸せです」
 と話し、一躍“時の人”となった岩崎。
 「しかし、この大会ですべての運を使い果たしてしまったようで、次の1996年のアトランタ大会ではメダル獲得はならず、1998年、20歳で競技生活を引退してしまいました。金メダル後はなかなか記録がよくならず、悔いはなかったようです」(水泳関係者)

 2009年4月、元ラグビー日本代表の斉藤祐也と結婚。
 2児の母として子育てに励む一方、地元・静岡放送『みなスポ』のレギュラーコメンテーターの他、メディアやイベントに多数出演している。
 「日本オリンピック委員会の事業・広報委員でもあります。今回のリオで、同じ200メートル平泳ぎで金メダルに輝いた金藤理絵の快挙を我が事のように喜んでいたのが印象的でした」(オリンピック関係者)
 ちなみに、現在の岩崎は推定84センチCカップだという。