『沈黙-サイレンス-』 Photo Credit Kerry Brown

写真拡大

戦後日本文学の最高峰とも称される遠藤周作の「沈黙」を、マーティン・スコセッシ監督が映画化。その邦題と日本公開が決定した。

スコセッシ監督、iPhoneで客席を撮りまくるディカプリオにダメ出し!

スコセッシ監督にとって本作は、1988年に原作と出会って以来28年間、映画化を熱望していた作品。舞台は17世紀の江戸初期。激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた宣教師の目に映った想像を絶する日本を舞台に、人間にとって本当に大切なものとは何かを壮大な映像で描いた歴史大作だ。

『Silence』という原題のこの映画の邦題が『沈黙-サイレンス-』に決まり、2017年に日本公開することが決定した。

出演するのは、アンドリュー・ガーフィールド(『アメイジング・スパイダーマン』)、リーアム・ニーソン(『シンドラーのリスト』)、アダム・ドライバー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)といったハリウッドスターをはじめ、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら日本の俳優からも実力派が勢揃い!

脚本を『ギャング・オブ・ニューヨーク』でアカデミー賞ノミネートのジェイ・コックス、撮影を『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞ノミネートのロゴリゴ・プリエト、編集を『ディパーテッド』ほかでアカデミー賞3度受賞のセルマ・スクーンメイカーが手がける。

アメリカでは2016年末にParamount Picturesにより公開予定。日本での配給はKADOKAWAが米IMグローバル社より権利を取得して行う。既にアメリカでは今年度の賞レースにおける有力作との呼び声も高い本作。どんな作品に仕上がるのかにも注目だ。