(c)TBS

武井咲さんと滝沢秀明さんが禁断の恋を激しく熱演して話題のTBSドラマ『せいせいするほど、愛してる』。武井さん演じる栗原未亜と滝沢さん演じる三好海里の恋を通じて、恋愛のオキテについて学んでいきたいと思います。

先日放送の第6話では、未亜と海里の妻の泥沼の闘いを参考に、「“恋の修羅場”に巻き込まれやすい女性の特徴4つ」という記事をお届けしました。

そして、前回放送された第7話では、未亜の親友である、あかりと千明の久野を巡る三角関係の争いもどんどんと激しさを増してきました。

そこで今回は、「三角関係」になった場合の対処法について紹介します。

 

■冷静になって一度真剣に考える

友達と同じ男性を好きになってしまい、三角関係の状態になってしまった場合、まず一番初めにやるべきことは、冷静になってちゃんと真剣に考えてみることです。

たとえ友情が壊れてしまってでも手に入れたい男性なのか、それとも、何があっても友情だけは壊したくないのか。なかなか答えは出ないでしょうが、そこを曖昧なままにしておくと、自分の中で覚悟もできないので、ずっとフワフワしたままになってしまいますよ。

 

■潔くキッパリと身を引く

冷静になってよく考えてみて、友達の方が大事だと感じ、友情関係を壊してまで付き合いたい男性ではないという答えがはっきりと出たのであれば、潔くキッパリと身を引くべきでしょう。
ウジウジと悩んでしまっているよりも、パッと身を引いてしまった方が、新しい恋にも進みやすくなります。友達と揉めてしまって嫌な思いをし、変なエネルギーを使うよりも、次の恋に向かっていった方が、幸せになれるという可能性も高いかもしれませんね。

 

■友達とちゃんと話し合う

友達と同じ男性を好きになり、身を引くつもりもないのであれば、ちゃんとその友達とは話し合っておいた方がいいかもしれません。あかりと千明は、ちゃんと話し合うことをしなかったためにどんどんと関係性がこじれてしまい、ギクシャクもしていってしまいました。

好きになってしまったものは仕方がないので、あやふやなままにしておかず、「思い」をぶつけ合った方が正々堂々としています。今後の2人の友情関係のためにも、お互いに陰でコソコソしたりせずに、気持ちを打ち明けあった方がいいのではないでしょうか。


(c)TBS

■男性に「思い」をぶつける

友達と同じ男性を好きになって、三角関係になってしまった場合、最終的にどちらを選ぶのかを決めるのはその男性です。なので、男性に自分の「思い」を告げて、その答えを待つのは賢明な判断であるでしょう。

あかりと千明は、どちらも久野に対して、ハッキリとは自分の気持ちを告げていません。そのため、曖昧なままの三角関係のような状態が続いてしまい、2人の友情関係もおかしくなっていってしまっているのです。

ただ、男性に「思い」を告げる際も、まずは友達にもちゃんと報告してから動いた方がいいでしょう。「抜け駆け」だと思われてしまうような行動を取ってしまうと、確実に友情にはヒビが入ってしまいますよ。


(c)TBS

「三角関係」は非常に難しい問題です。みんなが幸せになるような解決方法はないかもしれません。ただ、陰でコソコソするよりは、ちゃんと話し合った方が、友情がこじれてしまう確率は低くなるはずですよ。

今夜22時から放送の『せいせいするほど、愛してる』第8話では、未亜がついに海里との別れを決意し、会社を辞める決心までしてしまいます。ただ、やはりまだ海里への思いは断ち切れていない様子。2人の恋はこのまま終わってしまうのでしょうか? ぜひお見逃しなく!

【参考】

※ 「せいせいするほど、愛してる」-TBS

【関連記事】

※ 「恋の修羅場」に巻き込まれやすい女性の特徴【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】

※ 「禁断の恋」に落ちたときの対処法3つ【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】

※ 男が「嫉妬」しているときのサイン4つ【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】

※ 「失恋」から立ち直る方法4つ【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】

※ 男性が「恋の始まり」を感じる瞬間4つ【「せいせいするほど、愛してる」から学ぶ恋の掟】