Doctors Me(ドクターズミー)- あなたの足は大丈夫?放っておくと怖い外反母趾チェック!

写真拡大

多くの女性が悩まされながらも自覚症状が薄い外反母趾。極端に細いヒールを履くことなどで足が曲がってしまうことを指しますが、あなたの足は大丈夫と言い切れますか?

そこでDoctors Me編集部では外反母趾のチェックを作成、診断の結果外反母趾が疑われる場合は、病院を受診して検査を受けるようにしてくださいね。

外反母趾チェックスタート

先の細い、かかとの高い靴を履く機会が多い。
いわゆる偏平足である。
足の5本の指が幅広く横に広がっている。
足の指の関節が曲がって縮こまったようになっている。
足の親指の付け根の部分が痛かったり、赤くなっている。
足の指同士がくっついて自分の意思で開いたり閉じたりすることが難しい。
歩くと足が痛い。
いつも履いている靴の内側に足の指の跡がついてしまっている。
女性である。
筋肉が少なく、ぽっちゃりしたタイプだ。

…いくつ当てはまりましたか?
では、結果をみていきましょう。

当てはまった数が「0〜2個」の人

比較的外反母趾の危険性が少なめの方ということができそうです。

ただ、外反母趾は初期のころには自覚症状に乏しいことも多いです。痛みがなくても、最近歩くときに足に圧迫感があるなと思ったり、思いがけない場所にタコがあったりしたら、足の親指の付け根あたりに無理な力や負担がかかっていないか、自分で一度チェックしてみるとよいでしょう。

簡便な方法の一つは、自分で足の内側のラインと足の親指のラインがどのくらいの角度を形成しているか分度器で測ってみる方法です。自分で測るとある程度の誤差が出ることが予想されますが、これで15度を超えているようであれば外反母趾の可能性が高いといえるでしょう。

当てはまった数が「3〜6個」の人

中程度の外反母趾の危険性のある方といえるでしょう。

もしかすると、今回久しぶりにこのテストをきっかけに、足の指を開いたり閉じたりしようとして、思うようにできないことに驚かれた、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

また、靴の内側に足の親指の跡があったことに驚いた、という方もきっといらっしゃるのではないでしょうか。

現在の状況が治療を要するような外反母趾であるかどうかは不明ですが、やはりここに分類された方はヒールを履く時間をできるだけ短くしたり、外反母趾予防の視点から足に合った靴を選ぶ、といったことをしてみるとよいのではないかと思います。

当てはまった数が「7個以上」の人

外反母趾の危険性がかなり高めの方といえるでしょう。歩いたり、長時間立っていたりする時に足の不調をすでに自覚している場合も多いのではないでしょうか。

もし、親指が小指側に曲がっていることを自覚しているなら、やはり一度整形外科に行って、状態を確認してもらうと同時に、場合によっては何らかの治療が必要かどうか確認してもらうとよいでしょう。

医師からのアドバイス

外反母趾は程度が軽いうちであれば、自分に合った靴をしっかり選ぶようにするなどの注意で症状が軽減することが多くあります。長く付き合っていく足ですから、自分の目でよく見て、異常があれば早めに対処するようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)