目に見えない絆…ママと子どもの不思議なつながりに涙

写真拡大

美味しい食事を作って、たくさん遊んで、かわいい洋服を着せて…。出産前は、育児に対して、様々な理想を持っていたと思います。しかし、いざ育児が始まると、思うように物事が進まず、イライラしたり、後悔したり…。それでも、育児ときちんと向き合うママたち。子どもたちにその想いは届いているのでしょうか?

1800万回以上再生された動画

2015年4月に公開された、「The unique connection」という動画をご存知ですか? この動画に登場するのは、6人のママと6人の3〜9歳までの子どもたち。総勢12人が、ある実験を行います。その実験とは…?

実験内容は、子どもたちが、目隠しをして、自分のママを当てるというもの。視覚を奪われているので、子どもたちは触った感触やぬくもり、ニオイだけで判断しなければいけません。

緊張した様子のママたちと楽しそうに実験をする子どもたち。なかには、こらえきれずに、泣き出してしまうママの姿も映し出されています。はたして、彼ら(彼女ら)は、自分のママを見つけることが出来るのでしょうか?

答えは、動画を観てチェックしてくださいね♪

女性を中心に共感の声続々!

この動画を観た人たちからは、たくさんの意見が。一部、紹介します。

「この動画を観るたびに泣いてしまう…」

「とても美しい」

「母親の愛を隠せるものなんて何もない」

「この動画は、すべての母親の心に響くと思う」

「誰も失敗しないなんて…」

「これが父親だったらどうなるんだ?」

「親子(母子)の絆に感動した」という意見が多いようです。また、「母親でなく、父親でやったらどうなるんだろう?」といった意見もチラホラ。たしかに、興味深いです!

子育て中、ママにかかる負担やストレスは計り知れません。時には、逃げ出したくなることもあるでしょう。しかしどんな状況でも、子どもには、ママの愛情や想いがきちんと伝わっているのかもしれませんね。この動画を観れば、目に見えない“母と子の絆”をきっと再確認できるはずですよ。子どもたちにとって、ママは唯一無二の存在。もう少し肩の力を抜いて、子どもと向き合ってみてはいかがでしょうか?

(文・明日陽樹/考務店)