「ウェスト測定ベルト」「お薬管理ロボ」…クラウドファンディング発の健康グッズが秀逸

写真拡大 (全12枚)

メタボや腰痛など、健康に関する悩みは洋の東西を問わず関心の高い話題でしょう。

そんな世相を反映するように、ネット上で資金を募るクラウドファンディングでも、様々な健康グッズが登場しています。

お腹まわりを測るベルト

中でも今、注目を集めているのが気になるお腹まわりを「測定」するベルト「WELT」です。

WELT / Facebook

クラウドファンディングのKICKSTARTERで資金を募っていますが、期限まで30日を残してすでに目標額を上回る資金が集まりました。

一見すると普通と変わらないこのベルトですが、スマートフォンと連携して健康を管理するガジェットです。

一番の特徴は、ベルトのどの穴でとめているのかを感知してウェストサイズを測定、記録すること。

WELT / KICKSTARTER

https://ksr-video.imgix.net/projects/2608066/video-700335-h264_high.mp4

食べすぎてベルトを緩めると「食べすぎ」として記録され、食事の量の管理もできるようになっています。

また歩いた歩数や座っている時間も記録します。

男性用、女性用があり、それぞれ色やデザインも多様ですから使いやすそう。

WELT / KICKSTARTER

メタボが気になる方には心強い味方かもしれません。

値段は事前予約割引で99ドルから。

様々な健康グッズが登場

ほかにもクラウドファンディングには様々な健康グッズが登場しています。

こちらはお通じをスムースにするための足用スツール「TURBO」。

TURBO / KICKSTARTER

このスツールに足を載せることで普通に便座に腰掛けるより、少し前かがみの形になって、筋肉がリラックスし、お通じがスムースになるというものです。

TURBO / KICKSTARTER

マッサージ機能もついたこちらの商品はKICKSTARTERで、すでに目標額に達し、販売が開始されています。

話題のヘルスロボットも

こちらの「Pillo」は、INDIEGOGOで資金を集めて話題になりました。

医療や薬関連の質問に答えたり、医師と直接連絡をとったり、また薬やサプリメントを時間通りに飲むよう指示してくれたりするヘルスロボットです。

目標額を集め、現在は製品化に向けて開発が進められています。

Pillo

同じくINDIEGOGOで、現在資金を募っているのは猫背を防ぐ「spino」。

腰を支えるベルトを膝で固定して、背筋を伸ばすそうです。

spino / INDIEGOGO

姿勢関連で言うと、KICSTARTERに登録されている「YouStand」は、ラップトップを正しい姿勢で使うためのスタンド。

YouStand / KICKSTARTER

YouStand / KICKSTARTER

立って作業することでカロリー消費にもなるといいます。

その他、飲んだ飲み物の本数を数えて記録するボトルホルダーや、スマホと連動して血圧やストレスレベルを測定するガジェットなども。

Bevometer / KICKSTARTER

Lifestone / KICKSTARTER

クラウドファンディングのサイトには、健康グッズだけでなく様々なカテゴリーのプロジェクトが掲載されています。

のぞいてみれば、思わぬ逸品に出会えるかもしれません。