その症状、もしかして自律神経失調症かも?

写真拡大


執筆:松本 たお(正看護師・新生児蘇生法NCPR専門コース終了認定者)


体の不調や精神面の不安定さに悩まされながらも、いざ病院に行ってみると何の異常も見つからない。そんな時は周囲からの理解も得られにくく、更に辛い状況に陥りがちです。

その症状、もしかしたら「自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)」かもしれません。検査などで診断することが出来ないこの自律神経失調症。一体どのような病気なのでしょうか。

自律神経失調症とは

自律神経というのは、心臓や内臓などの自分の意志でコントロール出来ない働きを調節する神経です。

活動や興奮を司る交感神経(こうかんしんけい)と、休息やリラックスを促す副交感神経(ふくこうかんしんけい)に分かれています。心と体の様々な働きが、この2つの神経のバランスでコントロールされているのです。

このバランスが何らかの原因で崩れてしまうと、心身に様々な不調が現れることに。この症状を総称して、「自律神経失調症」と呼んでいます。

自律神経失調症の症状

心と体、感覚に至るまで、実に様々な症状が現れます。いくつかの症状が重なって現れるのが特徴です。
自律神経がいかに多くの働きをコントロールしているかがわかります。

特徴的な症状を、以下に挙げてみました。

・頭痛・めまい
・耳鳴り
・味覚異常
・動悸・息切れ
・立ちくらみ
・のぼせ・発汗
・胃部不快感
・しびれ
・冷え
・皮膚の乾燥・痒み
・勃起不全・射精不能
・生理不順
・関節痛・肩こり
・倦怠感・疲れやすい
・微熱
・わけもなくイライラする
・気分の落ち込み・不安定
・集中力・記憶力・やる気の低下

このように、全身に症状が現れます。

自律神経失調症の原因

生活習慣の乱れ


生活リズムが不規則になると、自律神経が乱れやすくなります。
活動と睡眠のサイクルや食生活、適度な運動など、人間の健康的な営みに必要な基礎は変わりません。生活習慣が乱れていないか見直してみましょう。

ストレス


ストレスが過剰になると、自律神経に影響します。自分では意識していなくても、体が負担となっていることもあります。

特に環境の変化は知らず知らずのうちにストレスとなっています。丁寧に振り返ってみてください。
社会においては、原因となるストレスをなくすことは難しいかもしれませんが、上手に付き合えるよう発散方法を見つけていきましょう。

気質・性格


こういった生活の乱れやストレスなどの耐性が弱く、自律神経が乱れやすい人もいます。こうした人は、自律神経失調症の症状が現れやすいでしょう。

女性ホルモンの影響


女性は、生理や妊娠・出産、更年期など、一生を通してホルモンバランスが大きく変化する生き物です。これに伴って、自律神経も影響を受けてバランスを崩す場合があります。

自律神経失調症の対策

日々の疲れやストレス、心の不安を癒すことで症状が改善されてきます。いくつかの対策をご紹介します。取り入れやすいものを試してみてください。

有酸素運動


無理のない有酸素運動は体も心も元気にしてくれます。1日20分続けることが理想ですが、出来る範囲で取り組んでみましょう。

・ウォーキング
・自転車
・水泳
・縄跳び
・ヨガ

ウォーキングや自転車などは、通勤手段として取り入れると毎日の習慣にしやすいです。

しっかり睡眠をとる


十分な睡眠は、1番効果的なリフレッシュになります。疲れすぎていたり、心に不安が残っていたりすると安眠は得られません。

ベッドに入る前に、心を静めるリラックスタイムを設けましょう。30分〜1時間前に入浴すると、体もリラックスして自然に眠りにつけます。就寝前にヨガを行うのも良いですね。

ストレス発散方法を見つける


カラオケや好きなスポーツ、仲間と飲むお酒など、ストレスの発散方法は人それぞれです。こうした時間を過ごしてもすっきりしない時は、もっと自分に合った発散方法があるかもしれません。

職場や人間関係のストレスも、うまく発散出来れば心身はとても軽やかになります。夜間の睡眠も安定し、自律神経失調症の症状にも効果があるでしょう。

是非、自分なりのストレス発散方法を見つけてください!


自律神経失調症は、日々の生活の少しの乱れやストレスなどが重なり、徐々に体の歯車がずれていくような状態です。早めに気付いたら、自分を癒すことで対策してください。
症状が重症の場合は治療が必要な場合もありますので、しっかり病院を受診するようにしてくださいね。


<参考>
知っておこう! 自律神経失調症
http://www.azegami.com/jiritu/

<執筆者プロフィール>
松本 たお(まつもと たお)
正看護師・新生児蘇生法NCPR専門コース終了認定者   
精神科・産婦人科・助産院での臨床経験を持つ正看護師。現在は育児に奮闘中の2児の母。