女子の大好きなチアシードも…!「意外とハイカロリー」な食べ物4つ

写真拡大

美容・健康に気を使っているつもりだけれど、なかなか痩せない……とお悩みはありませんか?

お肉やアルコールもちゃんと制限して、その代わりに流行りのスーパーフードを積極的にとるようにして、ちゃんと努力しているのに!

じつは、“ヘルシー”そうに見えて意外とハイカロリーな食べ物もたくさんあるそうですよ。

そのような“思わぬ落とし穴”にはまらぬよう、海外のサイト『indy100』の記事を参考に、いくつかご紹介しましょう。

■1: 朝食に人気の“グラノーラ”

忙しい働き女子の定番朝ごはんでもある、“グラノーラ”は意外とハイカロリー。同記事によると、

<1カップ=200〜500カロリー>

もあるそうです。美意識の高い女性が食べていそうなイメージがありますが、たくさん食べすぎるのはもちろんNG。いくらヘルシーそうに見えても、何にでも適量というものがあります。

■2: 海外セレブも愛用で大ブームとなった“ココナッツミルク”

飲むだけ&食べるだけで南国気分を味わえる、まったり甘〜い風味が女性に人気の“ココナッツミルク”もハイカロリー。

<1カップ(フルファット・タイプ)=552カロリー>

「ミランダ・カーも飲んでいるから、どれだけ飲んでも大丈夫だよね〜」と油断してはいけません! ミランダは適量を守っているはず。

■3: ヨーグルトのトッピングやおやつとして人気“ドライフルーツ”

「生のフルーツより体を冷やさないし、栄養たっぷりだから」と今女性に大人気のドライフルーツ。

無糖ヨーグルトにトッピングしたり、浸して食べる方法も人気ですよね。スナック菓子の代わりに、おやつとして食べる人も。

以下は代表的なドライフルーツのカロリーの一覧です。

<ドライ・アプリコット 1カップ=313カロリー(生の場合74カロリー)

ドライ・アップル 1カップ=209カロリー

ドライ・マンゴー 100グラム=319カロリー>

■4: プチプチした食感がくせになるスーパーフード“チアシード”

コンビニでチアシード入りドリンクを見かけたら、「おっ、美容によさそう〜」とついつい購入してしまう人は多いのでは?

栄養豊富で美容・健康に良いのは間違いないでしょうが、こちらも“ほどほどの量”にするべき。

<大さじ1杯=70カロリー>

「チアシードよ、お前もか……」とがっかりされたかもしれません。

■やはり大事なのは“バランス”! ばっかり食べはNG

“薬も過ぎれば毒となる”。いくら世間でもてはやされている流行の食べ物だからといって、そればかりをたくさん食べるのは逆効果。

産婦人科医の丸田佳奈先生も、著書『キレイの秘訣は女性ホルモン 女医・丸田佳奈が答える47の悩み相談』の中で“食事バランス”の重要性を繰り返し強調しています。

<「○○だけで痩せる」というサプリメントや食品、ダイエット方法は長続きしなかったり、場合によっては体に負担をかけ病院で治療が必要になるほどのものも出回っています。(略)正しいダイエットは、食事の栄養バランスが良い、極端な脂肪と炭水化物の制限を行わない、我慢をしすぎない、必ず運動を組み込み定期的に長く続ける、体を冷やさない、便秘をしない、長期戦で計画をたてる。>

特定の食品だけに偏った、極端な食事は避けたほうがよさそうですね。

上に挙げた食べ物も、流行のスーパーフードだからといってそればかりを毎日大量に食べるのではなく、適量を摂るようにしましょう。

以上、意外とハイカロリーな食品をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

何にしても、極端な方法は逆効果になることが多々ありますし、長く続けられません。ダイエットも、あまり無理せず“ほどほどに”長期戦で頑張りましょう。