USJのギネス認定Xmasツリー「この冬で最後」

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、11月11日から2017年1月9日までの60日間開催するイベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」で設置される、毎年恒例のクリスマスツリー“一生に一度は見たいクリスマスツリー”が「この冬で最後を迎える」と発表した。

このクリスマスツリーは、昨年、53万4280球(2015年12月17日現在)という圧倒的な電飾数で、2010年から5年連続ギネス世界記録を獲得。いまだかつてない眩い光とともに、華やかなライティングパターンに輝く優美な姿で、多くの来場者を魅了した。

また、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」による「死ぬまでに見たい世界のクリスマスツリー10」で、世界10選(※日本国内で唯一)に選出されたほか、gooランキングで「一生に一度は見たいクリスマスツリー」第1位を獲得するなど、多くの人々から支持されている。

そんなクリスマスツリーだが、同社は「天を突くようなスケールの気品溢れるツリーが、世界最高のクリスマス・ライブショーのクライマックスで眩い光りを放ち、空間全てが光で包み込まれる体験が今年で最後」と説明。「大切な人と『一生に一度は見たいクリスマスツリー』の前で過ごす、かけがえのないクリスマスをお楽しみください」と呼びかけている。