【こんなはずじゃ・・・】彼女と同棲をする前に、男が知っておくべき10のコト

写真拡大

「同棲をする」ということは、これまでの「彼氏彼女」の関係性が大きく変化するもの。相手の変なクセが見えてきたり、金銭的な話し合いが必要になったり…。もちろん、それ以上に素晴らしい思い出ができることもあるでしょう。

でも、男性には前もって知っておくべきルールがある、と語るのは女性ライターのBecky Wellsさん。彼女が書いた「Elite Daily」の記事を紹介しましょう。

01.
いつだって
間違えているのは「あなた」

これは洋服えらびに関してのこと。あなたの意見はたいてい間違っていると思ったほうがいいでしょう。「この服どう思う?」この質問にマジメに答えても仕方ないんです。女性はただ、あなたが賛成してくれるかどうかを知りたいだけなんです。

この手の質問をされたときに、あなたは自分の意見を言ってしまいがちですが、大切なのはただ彼女の意見に賛同し「いいね」と言うだけでいいんです。

02.
アドバイスは
裏目にでる

体重に関してのこと。いつでも彼女がダイエットの話題を持ち出すなら「気にしないで、そのままで十分キレイだよ」のフレーズを使い続けましょう。心配ありません。女性は女性同士でアドバイスし合える友達がたくさんいます。つまり、あなたの意見はそこまで重要ではないんです。

ただし、「ジムへ通うべきだ」とか「食べる量を減らせ」などというアドバイスは間違ってもしないように。それこそが間違いなんです。

03.
彼女たちも
毛を剃るんです

スベスベの綺麗な足を見たとき、くれぐれも「剃ったんだね!」などと余計なことは言わないように。むしろ女性がむだ毛処理したことに、感謝するくらいがいいでしょう。

04.
長い髪の毛が
あちこちに落ちている

部屋中で「長い髪の毛」をみつけるようになるでしょう。ベッドのシーツ、床やソファの上、枕や洋服にまでついていると思いますが、そういうものだと思って諦めましょう。

05.
生理がある

温かいお湯や鎮痛剤を用意してあげたり、もしも彼女がヘルプを求めているときは協力してあげましょう。

06.
コスメや美容グッズには
触れないこと

女性はたくさんの美容グッズや化粧品をもっています。毛抜きや、違うタイプのヘアブラシ、ネイルアイテムなど…。これらはあくまで彼女のもの。勝手に使うのは御法度です。もしも彼女の爪切りで、あなたの汗ばんだ足の爪でも切ろうものなら、逆鱗に触れるでしょう。

07.
ボディケア用品にも
触れないこと

高価なシャンプーやボディソープ、ローションなどを使う人も多々います。それらは決して男性のためのものではないということを覚えておきましょう。シャワー中に自分用のボディソープがないことに気づいても、勝手に彼女のものには手を出さないように。

08.
冷蔵庫に要注意

冷蔵庫のテリトリーはお互い様。…ですが、もし彼女が我慢できずにあなたが大切にとっておいた物を食べちゃっても、怒らないであげてください。そういうものなのです。

09.
買い物も要注意

ショッピングも共有することが多くなるでしょう。これも冷蔵庫と同様で、お互い様です。彼女のヘアケアグッズや生理用品が自分の買い物かごの中に入ってくることを理解しておきましょう。

10.
イラッとしたときほど
やさしくする

女性だって間違うことはたくさんあります。ときにはあなたを苛立たせることもあるでしょう。そんなときは怒るのではなく「〜する代わりに〜してくれない?」など、やさしく声をかけてみてください。すると状況は良くなり、不要な口論も避けられます。

プラスもマイナスも受け入れることができ、朝起きて彼女が自分の隣にいることに喜びを感じることができるのなら、その同棲は大成功と言えるでしょう。

相手に変化を求めない、思いやりこそが大切になるはずです。

Licensed material used with permission by ELITE DAILY