写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マクニカネットワークスとNRIセキュアテクノロジーズは9月6日、米Menlo Security製のWeb分離・無害化ソリューション「Menlo Security」の日本国内向け販売における連携強化を発表した。

Menlo Securityは、すべてのWebコンテンツをクラウドの仮想コンテナ上で実行し、安全なレンダリング(表示)情報のみをエンドポイントに送信する「分離・無害化」ソリューション。分離された環境で実行するため、マルウェアが未知か既知かを問わずに感染リスクを排除できる。特別なブラウザの利用やエンドポイントへのエージェントのインストールは不要で、ユーザは一般的なブラウザを用いて、通常のウェブ閲覧と変わらない使用感で利用可能だ。

マクニカネットワークスはMenlo Securityの国内総代理店として、NRIセキュアテクノロジーズへの営業支援や技術サポートなどの販売支援を行うと共に、セミナー開催などの共同プロモーションを通じ、「Menlo Security」の拡販拡大に努めたいとしている。

(山本明日美)