JR東日本が新たな形式のホームドア試行導入

写真拡大

JR東日本は9月6日、従来のホームドアより開口部が広く、低コストで工期短縮可能な「新たな形式のホームドア」(JR東日本メカトロニクス株式会社が開発)を横浜線町田駅4番線ホームに試行導入すると発表した。

今回登場する「新たな形式のホームドア」は、扉部は横開きのフレーム構造で、左右にスライド。既存ホームドアと同等の強度を確保しながら、内部機構を簡素化している。また、列車の停止位置の許容範囲を広げるよう、開口部を幅広(2,800mm)にしているのもポイントだ。

横浜線町田駅へは、2016年度末に編成両数分(8両編成)を設置予定。機能確認のため、先行して車掌側(東神奈川方)に1両分を2016年内に設置する予定だ。この導入により、今後の展開に向けた検証を進めていく。