やっぱり…!アジア地域の台風が年々強さを増しているとの調査結果

写真拡大

アジア地域を襲う台風の威力が、昔と比べて強くなっている。このことが、米国ノースカロライナ大学の最近の調査で、客観的に確認された。

1970年代と比べて強さ15%増

気象関連の学術専門誌「the Journal Nature Geoscience」に発表されたその調査結果によると、日本や韓国、台湾、中国など、北西太平洋地域の国々に近年上陸した台風の強さは、1970年代と比べて平均して15%増しているとのこと。

その中には、先月岩手県に大きな被害をもたらした台風10号(英語名:Lionrock)や、2013年にフィリピンを襲った過去最強の台風Haiyan(平成平成25年台風第30号)も含まれる。

台風の強さ(強度)は、大きさとは別の尺度で、最大風速を基に計算される。

沿岸部の海水温度上昇が原因

最近の台風が威力を増している原因は何なのか?

今回の調査を行なった研究者グループは、沿岸部の海水温度が昔と比べて上がっているためだと言う。

アジア大陸沿岸部の海水温は1970年代末と比べて0.8度上昇している。

海水温が上がると、台風により多くのエネルギーを供給することになり、その結果、台風の威力は増す。

地球温暖化のせい?

海水温度の上昇と、CO2排出による地球温暖化との関連について、研究者グループは「おそらく関係がある」と言い、断定を避けている。

自然現象として局地的に海水温度が高くなることもあるからだ。

ただ、今後も地球温暖化が進んだ場合、台風の強さはさらに増すだろうと予想している。

特に北緯20度以北の地域ではその傾向が強くなるそうだ。中国東部、台湾、韓国、そして日本がその地域に含まれる。