6日、オバマ米大統領が、同氏を品位を欠く言葉で表現したフィリピンのドゥテルテ大統領との会談を急きょ中止し、代わりに韓国の朴槿恵大統領と会談を行うことが分かった。写真はオバマ大統領。

写真拡大

2016年9月6日、オバマ米大統領が、同氏を品位を欠く言葉で表現したフィリピンのドゥテルテ大統領との会談を急きょ中止し、代わりに韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談を行うことが分かった。環球網が伝えた。

米ホワイトハウスは、オバマ大統領がドゥテルテ大統領との会談を中止したと明らかにした。オバマ氏は、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議が行われるラオスでドゥテルテ氏と会談し、ドゥテルテ氏が遂行している強硬な麻薬取締、特に密売人の殺害奨励について取り上げるつもりだとしていた。これに対し、ドゥテルテ氏は、もしオバマ氏がその話題に触れたら「売春婦の息子め、その場所で罵倒してやる」などと発言していた。

ホワイトハウスの報道官によると、オバマ大統領は代わりに朴大統領と会談するという。(翻訳・編集/柳川)