写真提供:マイナビニュース

写真拡大

暑い季節、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも気になるのが「ワキ汗」。そのニオイが気になる、という人も多いことだろう。

一般的に、男性より女性のほうがこまめにケアをしている印象があるが、外国人の場合はどうだろうか。今回は、日本在住の外国人20名に「ワキ汗のニオイ対策」について調査した。理由とあわせて紹介しよう。

Q.ワキ汗のニオイ対策をしているかどうか教えてください。している人はその理由と具体的にしている対策を教えてください。していない人はその理由を教えてください。

■している: デオドラント用品を使用
・「はい。一番強い悪臭ですから。スプレーデオドラントとデオドラントティッシュを使っています」(ブラジル/20代後半/男性)
・「今はしなくなったのですが、国ではいつも消臭スプレーを使ってました。というよりも、使うようにお母さんから命令されました。日本の男性はめったに使わないことと、無臭のものが多いのに驚きました」(イタリア/30代前半/男性)
・「しています。日本ではなかなか見つからないので、輸入のスティックデオドラントを買っています。海外行くとき必ず買っておきます」(フランス/30代前半/男性)
・「はい、デオドラントを使います。日本人は基本的にそんなに臭くないが、白人の場合、汗のニオイは結構強いと思います。そのために、何か対策をしないといけません。残念ながら、日本でのデオドラントの種類が少なくて、お値段も高いし、その上あまり効かないんです。ルーマニアで使っていたブランドのものは日本にはありません」(ルーマニア/30代前半/女性)
・「ワキ汗のニオイを抑えるクリームのようなものを塗っている。自分もニオイを気にするし、汗が服に付いてしまうのも嫌だから」(台湾/20代後半/女性)
・「シャワーを浴びた後でニオイブロックローションを使っている。ニオイが気になるから」(ロシア/20代中盤/女性)

■している: 香水、重曹、精油などを使用
・「香水をつけています」(香港/20代後半/女性)
・「している。気になるから。ボディーパウダーを塗る」(パラグアイ/30代前半/女性)
・「はい、しています。定期的にお風呂の前に重層を塗ります」(インドネシア/40代前半/女性)
・「しています。自分で作っているエッセンシャルオイル(精油)で対策しています。変なケミカルが入っていないし、精油が体のニオイを隠すというより相性があるからよくなります。特にローズジェラニウムを使うと、汗からローズのニオイがします! 男の人にサンダルウッドはお勧めです」(アメリカ/30代前半/女性)

■していない
・「体臭が少ないと言われたので、特にあんまりしてません」(タイ/30代前半/男性)
・「してません。ワキ毛をそるぐらい」(インド/40代前半/男性)
・「ワキ汗のニオイ対策はしていないです。自分は体臭がありませんので、特にする必要はないです。また、ワキ汗も新陳代謝の一環なので、特に抑える必要はないと思います」(中国/30代中盤/男性)

■総評
ワキ汗のニオイ対策を「している」人が女性では全員、男性でも多数となった。

対策では、体臭をケアする「デオドラント用品」を使用している人が多かった。デオドラント用品には、スプレーやスティックローション、クリーム、シートなどさまざまなタイプがある。「日本には売っていない」「日本製のものはあまり効かない」という理由で、海外製のものを取り寄せている人が複数いるのも興味深い。

デオドラント用品以外では、香水や精油(エッセンシャルオイル)などの回答もあがった。日本のデオドラント用品について「無臭のものが多いのに驚いた」という声も含めると、無臭のアイテムよりも、香りつきのアイテムを好む傾向がうかがえる。

ワキ汗のニオイというと周りへの影響も気にしてしまうが、汗ばむこと自体は自分にとっても不快であることが多い。暑い季節は特に、こまめに汗を拭いたり、デオドラント用品や制汗剤でケアしたりする習慣を身につけると、より快適に過ごせるのではないだろうか。

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2016年7月16日〜2016年8月15日
調査対象: 日本在住の外国人
調査数: 20名
調査方法: インターネット応募式アンケート